« 露の五郎(五郎兵衛)「鼠の耳」ほか | トップページ | 桂枝雀「猫」ほか »

2011/01/23

(二代)桂歌之助「茶の湯」ほか

【世紀末亭】2011年1月23日定期アップ
 
●(二代)桂歌之助「茶の湯」
我れ一代で築き上げた身上(しんしょう)を息子に譲り、丁稚の定吉を供に連れ、郊外で悠々自適の生活お送っているご隠居さんがいた。しかし、仕事一途にきたため趣味というものが全くない。なんの変化もない毎日にそろそろ飽きてきたので、なにか風流ごとを……「幸い、離れに茶室があることだし、茶の湯でもやるか」定吉相手に、聞きかじり茶道を見よう見真似でやり始めた。うぐいす粉を湯に溶き、ムクロジの泡を加え、茶せんで泡立てた茶。裏ごしした芋に蜜カスで甘みをつけ、菜種油で照りを出した菓子。我流ではあっても連日の稽古の賜物、一分の「隙」もない、完全無欠な茶の湯ができあがるのだが……
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug283.htm

●(四代)林家染語楼「猫魔寺」原作:三代林家染語楼(小佐田定雄氏改編)
身寄り頼りの無いお小夜お婆さんが亡くなって、今夜は村の若者三人で寝ずの番をすることになっている。世話役の親っさんも帰り、夜通し呑んで語り明かそうとチビチビ始めたものの、こういう席ではどうも陰気な方へ陰気な方へと話が流れていくものだ。案の定、この寺の隣りにある通称「猫魔寺」本名「龍泉寺」さんが、どうして猫魔寺と呼ばれるようになったのかということに話が及ぶ。「龍泉寺の住職が昔、書院に忍び込んで悪さをした黒猫を井戸に投げ込んで殺したところが、ある日、喉笛をかきむしられて怪死したことから、猫の魔の寺になった」という話をしていると、どこからともなく黒い大きな猫が、ニャ~オ、ニャ~オ……
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug284.htm

|

« 露の五郎(五郎兵衛)「鼠の耳」ほか | トップページ | 桂枝雀「猫」ほか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (二代)桂歌之助「茶の湯」ほか:

« 露の五郎(五郎兵衛)「鼠の耳」ほか | トップページ | 桂枝雀「猫」ほか »