« 桂文太「明烏」ほか | トップページ | 露の五郎(五郎兵衛)「鼠の耳」ほか »

2010/12/19

桂九雀「元犬」ほか

【世紀末亭】2010年12月19日定期アップ
 
●桂九雀「元犬」
天満の天神さんを塒(ねぐら)にする、シロという全身真っ白い野良犬がいた。どういうものかご隠居さんに可愛がられ「こういう差し毛が一本もない白犬は、来世は人間に生まれ変わる」という言葉を信じ、天神さんにお願いしてみることに。熱心な祈りが通じたものか、来世どころか数日後の朝、人間となって目覚めたのである。さっそくご隠居に挨拶すると、ビックリされながらも信じてもらえ、面倒を見てもらえることになった。名もシロ改め四郎となって、三丁目角の片岡さんで男衆(おとこし)として働き始めた日、外出する主人のお供をすることになるのだが……
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug279.htm

●桂小春団治「大名将棋」
戦国時代ならともかく、大平の世の大名は退屈なもの。時間を持て余している殿さまに将棋をお勧めしたところ、いたく気に入られ毎日まいにち家来を呼んでは相手をさせるのです。しかし、殿の将棋は「飛車は動かない」「銀は横へ動ける」「桂馬は好きなだけ前へ行ける」極めつけ「玉はどこへでも行ける」ローカル・ルール満載で負けるわけがない。勝てば鉄扇で頭を張るものですから、家臣の頭は凸凹の男爵ジャガイモ状態。相手をする者が誰もいなくなったとき、先代の殿からお仕えしているご意見番、その名も石部金吉郎が現れお諌めすると、非を悟った殿さまは心を改め、落し噺をご趣味に……
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug280.htm

|

« 桂文太「明烏」ほか | トップページ | 露の五郎(五郎兵衛)「鼠の耳」ほか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 桂九雀「元犬」ほか:

« 桂文太「明烏」ほか | トップページ | 露の五郎(五郎兵衛)「鼠の耳」ほか »