« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010/11/21

林家染二「お血脈」ほか

【世紀末亭】2010年11月21日定期アップ
 
9月19日の記事で予告した“MIDIでモーツァルトの交響曲41番”が完成しました。いや、未完成ですがいつまでやってても切りがないので、ここらあたりで手を打ちます(もちろん、大阪式三本締め)。

『モーツァルト 交響曲第41番 ハ長調(ジュピター)K.551』
■第1楽章:http://www.youtube.com/watch?v=ezRMlprw28A

 

■第2楽章:http://www.youtube.com/watch?v=nI7_4AlsvgM

 

■第3楽章:http://www.youtube.com/watch?v=1x-LS9HqovY

 

■第4楽章:http://www.youtube.com/watch?v=bsTtoLofuWc

スコア:全音楽譜出版社
シーケンサー:シンガー・ソング・ライター(Win-SSW)
MIDI音源:ローランド(Roland)SC-88VL
制作期間:2010年6月-11月
付属画像:大阪花博記念公園・鶴見緑地(2010/11/06)
MIDIクリップ制作:仮隠居
注記:第1・2・4楽章の反復を一部省略しています

             * * * * *

●林家染二「お血脈」
信州信濃の善光寺さんに「お血脈(おけちみゃく)の印」という宝印があった。金一分を支払って額に押印してもらえば、どのような罪も帳消しになり、死後は極楽往生するというありがたいものである。さぁ、この情報が人づてに全国に広がったものだから、皆がみな極楽往きを果たし、その反作用として地獄は極端な利用者減に見舞われている。このままでは経営破たん必至、何とかしないといけないというので、閻魔の庁は在獄著名泥棒の中から石川五右衛門を大抜擢、お血脈の印を盗み取らせるべく娑婆へと派遣するのだが……
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug275.htm

●笑福亭三喬「花色木綿」
空き巣が手ごろな裏長屋に目を付けた。入ってみると家財道具は何も無く、長持ちの中に汚れたフンドシが突っ込んであるだけ。ならば、飯でも食ってやろうと探すうち、戻って来た住人の声がしたので、逃げ場を失って押入れに隠れる。いっぽう、泥足で汚れた畳を見つけたやもめは、状況を十分に把握したうえで「屋財家財みな盗られて家賃払えまへん」家主への口実に使おうと考えたが「警察へ届けを出せ」と、被害品一覧表を作らされることになる「縞柄の袷(あわせ)、ただし裏は花色木綿」「無紋黒羽二重の羽織、ただし裏は花色木綿」「三つ紋モーニング、ただし裏は花色木綿」「麻の蚊帳、ただし裏は花色木綿」「……、ただし裏は花色木綿、ただし裏は花色木綿」
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug276.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/07

露の五郎(五郎兵衛)「目薬」ほか

【世紀末亭】2010年11月7日定期アップ
 
●露の五郎(五郎兵衛)「目薬」:弱艶笑噺
字を読めない男が目を患います。何となく目がかすんでしょ~がない、というのでさっそく薬屋さんへ出かけたところ、よく効く目薬を番頭さんに勧められるのですが「中に効能書きが入ってまっさかい、それ読んでその通りしとくなはれ」「字が読めんさかい、教えとくなはれ」言(ゆ)やよかったんですけど、恥ずかしさでつい「効能書きが入ってんねんやったら分かりますわ」偉そうな顔して持って帰ったものの、やっぱり分からん。あ~でもない、こ~でもないと考えるうち、一番上が風呂屋の暖簾に書いてある「女」の字に似てると気が付いた「女しりにさすこと」ふ~ん「女の尻にさす」か……
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug273.htm

●露の五郎(五郎兵衛)「トンボさし」:弱艶笑噺
捕虫網を手に持ち、虫カゴをぶら下げてトンボを追いかける。パソコンやゲーム機なんてなかった、それどころかテレビも普及していなかった時代には、トンボ取りは子どもの遊びの代表でした。子ども仲間では網を使うなんていうのは外道で、小石を銀紙で包み糸の両端に付けて空中に放り投げ、餌虫と間違えて寄って来たトンボをからめ捕る技巧派が大きな顔をしていたようです。なかにはトリモチを使用する懐古趣味派がいたりして、皆してトンボさしに行こうと集まったのですが、一人、吉松っちゃんが来ないのです。そこで、家まで迎えに行くと、ちょうどお母さんが縁側で昼寝をしているところでした。と、お母さんの……
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug274.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »