« 桂雀々「遺言」ほか | トップページ | 桂文枝「鍬潟」ほか »

2010/08/22

桂阿か枝「金明竹」ほか

【世紀末亭】2010年8月22日定期アップ
 
●桂阿か枝「金明竹」
主人の留守にお得意先の加賀屋佐吉さんから使いの人が来られ、預かった道具七品の鑑定を言付けて帰られた。いわく「祐乗(ゆぅじょ)・光乗(こぉじょ)・宗乗(そぉじょ)、三作の三所物(みところもの)。ならびに備前長船(びぜんおさふね)の則光。横谷宗珉(よこやそぉみん)、四分一こしらえ、小柄(こつか)付きの脇差。あら、柄前が鉄刀木(たがやさん)やとの仰せにございましたが、埋もれ木やそぉにございまして木が違ぉておりますので、この旨ちょっとお断りを申しあげます。ならびに、黄檗山(おぉばくさん)金明竹、寸胴(ずんどぉ)切りの花活け。のんこの茶碗。古池や蛙飛び込む水の音、と申しますこれは風羅坊芭蕉、正筆(しょ~ひつ)の掛け物でございまして。沢庵禅師の一行物には隠元・木庵・即非、張り交ぜの小屏風。こら、うちの旦那の檀那寺が兵庫にございましてな、この兵庫の坊主のえらい好みまする屏風じゃによって、表具へやって兵庫の坊主の屏風にいたしました」と、覚えられたかな……?
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug474.htm

●林家染丸「浮かれの屑選り」
「居候、出せば出る気で五杯食い」えげつない居候が二階に転がり込んで、夫婦喧嘩(みょ~とげんか)の絶え間がない。雷を落として出て行ったお松さんと入れ違いに、やっと起き出してきたので「仕事をしろ」と意見をすると、本人も薄々その気持ちはあるようだ。そこで、頼まれていた「紙屑を選り分ける選り子」をやらせることにし、長屋の奥の空き家に連れて行った。「手間賃は一俵選って三銭、しかし、たまぁに金貨とか、宝石とか、間違ごぉて中に入ってることがある。出てきたらお前のもらいや。けど、中から色々書いたもんが出てくるけど読みなや。読んでたら手が遅そなるよってにな」言い含めて仕事にかからせたのだが……
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug264.htm

|

« 桂雀々「遺言」ほか | トップページ | 桂文枝「鍬潟」ほか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 桂阿か枝「金明竹」ほか:

« 桂雀々「遺言」ほか | トップページ | 桂文枝「鍬潟」ほか »