« 桂米朝「米朝艶笑噺(四)」ほか | トップページ | 桂雀々「遺言」ほか »

2010/07/18

桂米朝「米朝艶笑噺(六)」ほか

【世紀末亭】2010年7月18日定期アップ
 
●桂米朝「米朝艶笑噺(六)」:「続いろはにほへと」より
御殿奉公させていた娘が孕んで帰って来た。「誰の子か?」問い詰めると、モジモジしながら懐から取り出したのが張形、つまり男性器を模した大人のおもちゃだったのです。「まさかこんなもので?」と裏返して見ると、彫られていた銘が【左甚五郎作】ほか【四ツ目屋で】【軽業師】【手は他人か】【一人もの】【千擦】の六演目を同梱。米朝師匠が語る「その国の文化の伝統であると思うんです」な、艶笑噺をどうぞ。
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug260.htm

●桂米朝「米朝艶笑噺(七)」:「続いろはにほへと」より
尼寺の美人尼さんにひと目惚れした男が「何とかものにしたい」と考えた。そこで、業病を患って足萎えの態をよそおい「けがれのない尼さんに抱いていただいて、千べんのお念仏を唱えたら治る」と偽り、仏前で堂々と抱いてもらうことに。グ~ッと抱かれ、抱いて「南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏……」五十回唱えては男性自身をチョンチョン「これッ、何をしやる?」「はい、数を間違えてはいかんので、数取りを」また抱かれ、抱いて「南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏……、チョンチョン」「南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏……、チョンチョン」やがて尼さん「これッ、もぉ数取りだけにしやれ」【数取り】ほか【三拍子】の二演目を同梱。米朝師匠が語る「その国の文化の伝統であると思うんです」な、艶笑噺をどうぞ。
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug261.htm

|

« 桂米朝「米朝艶笑噺(四)」ほか | トップページ | 桂雀々「遺言」ほか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 桂米朝「米朝艶笑噺(六)」ほか:

« 桂米朝「米朝艶笑噺(四)」ほか | トップページ | 桂雀々「遺言」ほか »