« 桂文三「芋俵」ほか | トップページ | 桂米朝「米朝艶笑噺(四)」ほか »

2010/06/20

桂米朝「米朝艶笑噺(二)」ほか

【世紀末亭】2010年6月20日定期アップ
 
●桂米朝「米朝艶笑噺(二)」:「いろはにほへと」より
「あんなぁ……」「何?」「この町内でなぁ、ご亭主以外に男持ってる嫁はんが三人もいてまんねやてぇ」「さよかぁ……、ん~、あとの二人は誰かしらん?」【あとの二人】ほか【火消しの嬶】【ねごと】【猪飼野】【医者間男】【茶漬間男】の六演目を同梱。米朝師匠が語る「その国の文化の伝統であると思うんです」な、艶笑噺をどうぞ。
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug256.htm

●桂米朝「米朝艶笑噺(三)」:「いろはにほへと」より
ある男が山の中で道に迷い、辻堂を借りて一夜を明かすことになる。中に入ると若い女性の先客がおり、話すうち心安くなって、さて男と女、次第しだいにその気になり、ことに及ぼうとするのだがどうにもいたせない「おい、お前狐と違うか?」「あんた、馬と違いますか?」【狐と馬】ほか【めす馬】【大根船】【かげかくれ】【テームズ河】【指輪】【懸け橋】の七演目を同梱。米朝師匠が語る「その国の文化の伝統であると思うんです」な、艶笑噺をどうぞ。
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug257.htm

|

« 桂文三「芋俵」ほか | トップページ | 桂米朝「米朝艶笑噺(四)」ほか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 桂米朝「米朝艶笑噺(二)」ほか:

« 桂文三「芋俵」ほか | トップページ | 桂米朝「米朝艶笑噺(四)」ほか »