« 笑福亭生喬「笠碁」ほか | トップページ | 桂文三「芋俵」ほか »

2010/05/23

桂米朝「田之紀」ほか

【世紀末亭】2010年5月23日定期アップ

嘘が嘘を呼ぶということがあります。一つ嘘をついたばかりに、その嘘がばれないよう辻褄を合わせるための嘘をつく、そのまた整合を保つための嘘……、キリがないわけです。今回、わたしの失敗は「春になったら何か新しいことを始めよう」と、輪行ポタリング用の極小径自転車を買おうと思ったことに始まります。いや、これは嘘ではありません、本当に自転車を手に入れました。

慣れるためにご近所をポタリング(自転車散歩)し、輪行の手始めに西九条まで電車で携行してウロウロ、ちょっと足を延ばして大和郡山、そして伊丹と、ここでふと天の声が聞こえてきます「せっかくの知らない町散歩、画像に残したらどう?」一つ新しいことを始めたばかりに、前回のブログ記事「デジカメの買い替え」をしなければならなくなります。

さっそく手にしたデジカメを携えて須磨・舞子・明石を輪ポタしながら、バシャバシャとシャッターを押しまくり、帰ってパソコンのスライドショーを眺めると、なんと最新デジカメは驚きの進歩でした、カメラが勝手に美しい画像を撮ってくれています。そこでまた、この画像を利用して「何か新しいこと」を始められないか?

すぐに思いついたのがスライドショーのムービー化です。以前入力したMIDIファイルをBGMとして使うため、デジタル録音編集フリーソフトのダウンロード、ムービー編集ソフトの使用訓練。できあがったムービーのアップ先に YouTube を選び、加入とアップロードテスト。もう次から次へと「新しいこと」が「新しいこと」を呼んで……、キリがないわけです。

そして今日も今日とて、WAV音声ファイルをMP3音声ファイルに変換しようと……、キリがないわけです。
 
 
●桂米朝「田之紀」
沢村田之紀というドサ回りの役者が大阪を遠く離れて巡業の最中「母親が大病で危ない、戻って来い」との手紙をもらった。何はさておき、大事にしている自前の娘用、婆用、二つの鬘(かづら)を風呂敷に包み道を急ぐのだが、ちょっとでも早く帰ろうと夜中の山越え道をとったところ、山に住まう人間を喰らう大蛇、ウワバミに捕まってしまったのだ。呑み込む前に名前を聞いてやると言うので名乗ると、聞き間違えたものとみえ「タヌキを喰うわけにはいかん、それにしても人間に化けるのがうまい。俺にその術を教えろ」さっそく、娘と婆に変身して見せると……
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug253.htm

●笑福亭松葉(七代松鶴)「隣の桜」:別演題「鼻捻じ」
「今年も庭の桜が満開だ」と観ている目の前、風もないのに花びらがバラバラと散っているではないか。見れば隣りに住む漢学者が枝を切り取っている。そこで定吉を呼びつけ「罪咎(つみとが)のない桜、なぜお折りになりました? ご入用(いりよう)なれば隣家様のことゆえ、根引きにしてでも差し上げます。無沙汰で折るとはその意を得ません。落花狼藉でございます。あなた様も『子の曰く』の一つもお学びになった方に似合わぬ仕儀でございます。ご返事を頂戴してまいります」捻じ込みに行かせるのだが……
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug254.htm

|

« 笑福亭生喬「笠碁」ほか | トップページ | 桂文三「芋俵」ほか »

コメント

名曲アルバム

国会中継が予定より早く終わったのかと思いました。

久しぶりやのに相変わらず口が悪い(^_^;)

投稿: くらきっとん | 2010/06/02 13:16

くらきっとん、超ぉ~おひさ

最新のコンパクト・デジカメってすごい
お任せモードに切り替えて、モニター見ながらシャッター・スイッチ押すだけで、バランスの良い画像が撮れてしまいました。この性能で9800円とは安い(笑)

投稿: 仮隠居 | 2010/06/02 16:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 桂米朝「田之紀」ほか:

« 笑福亭生喬「笠碁」ほか | トップページ | 桂文三「芋俵」ほか »