« (二代)桂小南「箒屋娘」 | トップページ | 定期アップ遅延のお知らせ »

2009/11/22

笑福亭鶴光「太閤と曽呂利」

【世紀末亭】2009年11月22日定期アップ

☆ タンザニアにあるアフリカ大陸最高峰キリマンジャロの氷河は、地球温暖化の影響で今後20年以内に消失する可能性があるという。米国の研究チームが山頂で実施した計測調査の結果を、2日の米科学アカデミー紀要に発表した。

☆ 近年は、たっぷり作って小分けで冷凍し、弁当や別の日の料理などに使いまわす。といった方法がポピュラーになっている。また、地球温暖化の影響もあり、ご飯も少量を炊く、あるいは長時間保温するよりも、多めに炊いて冷凍・解凍のほうが美味しい。というのは、一般的な考え方になってきた。

☆ 東南アジアや台湾など、熱帯、亜熱帯地域を主な生息地とするベニトンボが、高知県四万十市や三原村で相次いで目撃されている。自然保護団体からは、地球温暖化の影響で、分布域が北上している可能性を指摘する声も出ている。

☆ ここ10年をみても、企業や法人が年賀状を「虚礼」ととらえ廃止したり、企業の経費削減で「寄付金付年賀はがき」をやめたり、地球温暖化の影響で、年賀状自体の枚数が減るなど、取り巻く環境は悪化の一途をたどる。

☆ オーストラリア・コアラ基金の研究チームは10日、山林開発や山火事、地球温暖化の影響でコアラの生息数が急速に減少しており、向こう30年で絶滅する恐れもあると警告した。

☆ 森永製菓は4日、2010年3月期の連結営業利益について、10月20日の上方修正値である54億5000万円に据え置くと発表した。主力の菓子事業が地球温暖化の影響や取引制度改定の影響などで減収となるものの、原料安の下落や効率化の推進でカバー、大幅増益を確保する。

☆ 今年の菊は「例年になく不調」と係員。出品者は「梅雨時期の長雨と秋口の乾燥続きで開花期の調整に手間がかかったうえ、ここ数日の高温続きで、審査(2日)を前に花が一気に破裂(満開)してしまった。年々、菊栽培は難しくなってきている。これも地球温暖化の影響だ」と嘆く。

☆ 昭和2年10月に雄武尋常小学校御多込蘂教授所として開校した雄武町立栄丘小学校の閉校式が8日、同校で行われた。地域住民や各地から駆けつけた卒業生ら約150人が出席し記念碑の除幕式を行うなど、地球温暖化の影響で来年3月、83年の歴史に幕を下ろす母校との別れを惜しんだ。

以上、Web上に書き込まれた文章を虚実とりまぜ、細工してご紹介しました。完全なるコピペ手抜き御免。どうもこのところ頭がボ~ッとして考えがまとまらず、原因は「地球温暖化の影響を指摘する専門家もいる」とのことらしい。

●笑福亭鶴光「太閤と曽呂利」
尾張中村で百姓・足軽の子として生まれた日吉丸が、織田信長という主人を見出し頭角を現し、のちに関白太政大臣にまで上り詰め、太閤豊臣秀吉となるその立身出世の過程と、堺に生まれ和歌・狂歌・茶の湯に通じ、頓知に富んだ臣下・曽呂利新左衛門との関係を軽妙洒脱に語った歴史噺。
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug471.htm

●桂米朝「冬の遊び」
徳川時代末期、江戸の吉原、京都の島原と並び幕府から認められた三廓の一つ、大阪新町の大イベント「大夫道中」は、他の廓には見られない特徴があった。打ち掛け姿で八文字踏んで歩くのではなく、羽衣の天女になったり、牛若丸になったり、静御前になったり、みな扮装をして練り歩いたのだ。夏の暑い盛り、綿入りの芝居装束を八枚重ね着して「知盛」に扮した栴檀大夫をねぎらうため、贔屓の旦那は仲間から芸妓・太鼓持ちまで座敷一同、みな冬の装束で遊ぼうと提案する。が、一人遅れてやってきた太鼓持ちの一八は扇子をパタパタ、絽の着物で「暑いあつい」としくじってしまった……
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug233.htm

|

« (二代)桂小南「箒屋娘」 | トップページ | 定期アップ遅延のお知らせ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 笑福亭鶴光「太閤と曽呂利」:

« (二代)桂小南「箒屋娘」 | トップページ | 定期アップ遅延のお知らせ »