« (二代)桂小南「尼恋」 | トップページ | 笑福亭鶴光「太閤と曽呂利」 »

2009/11/08

(二代)桂小南「箒屋娘」

【世紀末亭】2009年11月8日定期アップ

世の中デジタルばやり、デジタルでなければ家電でないとばかり、全てにおいてデジタル化の波が押し寄せている昨今。波に乗ったのか押し流されたのか、早々と視聴覚環境をデジタルに切り替えたので「不要になったアナログ機器を処分する、要るなら取りに来い」と、実家から連絡が入りました。

処分品のうち、カセットデッキ、チューナー、アンプをありがたくいただいたあと「機器の配線をして帰れ」実は、この配線させるのが目的だったと知れました。テレビ、HDD-DVDレコーダー、DVDプレーヤー、ビデオを有機的につなげというわけですね。結線自体は特に問題ありませんでしたが「中心になるべき存在は何か?」イデオロギーさえ左右しかねない大問題が潜んでいることを思い知らされたのです。

ビデオ ⇔ HDD-DVDレコーダー、DVDプレーヤー ⇒ HDD-DVDレコーダー、そしてHDD-DVDレコーダー ⇒ テレビ、とすることでビデオやDVDプレーヤーからHDD-DVDレコーダーへダビングができ、かつビデオを見ることができる。ゆや、HDD-DVDレコーダーを核にテレビはモニターの役目をするわけです。

結線説明後、試しに各機器の切り替え操作をしてもらうと、ビデオを見るのに手間取っている様子です。「テレビのリモコン操作だけで見れない」というのです。当たり前ですね、HDD-DVDレコーダーを仲介しているのですから、レコーダーの電源を入れビデオに入力切替えてやらないといけません。ここのところが不満らしいのです。いわく「HDD-DVDレコーダーの録画予約もプレーも、テレビのリモコンだけでできるではないか。録画機器はテレビの従属品だから“テレビリモコンだけで”ビデオが見れないのはおかしい」

なるほどな、言われてみれば納得の「テレビ中心主義」です。テレビ画面で番組表から録画予約、録画済番組一覧・再生、DVD再生までやってしまえる便利さを目の前で実演され、感心も得心もいたしました。「録画・再生機器の映像を映し出すためにテレビがある」と長いあいだ思い込んでいましたが、いつの間にか主従逆転し「録画機器中心主義」はアナログと供に過去の遺物となっていたのか……、アナログ地上波停止まで一年半。

●(二代)桂小南「箒屋娘」
部屋に閉じこもり本ばかり読み暮らしている若旦那に危機感を抱いた番頭は「親孝行のつもりで外出なさいませ」と、亀吉をお供に住吉さんへ「卯の日詣り」させることにした。亀吉には百両の金を持たせ「帰りに高級御茶屋へ寄って、百両全部使い果たしてこい」と言い含める。が、住吉街道を南へいくらも歩かないうちに休憩した茶店の前、切り藁・藁箒を売る娘を見付け品物全部買い上げたうえ、あとを付けて住まいを調べ、そのまま家へ帰ってしまった。帰るなり若旦那「切り藁は店の者への土産、藁箒は番頭、母、父へあげます、わたしは嫁をもらう」さぁ番頭さん、何のことやらさっぱり分からずわけを聞くと……
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug470.htm

●(四代)桂文団治「文団治小咄」:艶笑(松茸、壁松茸、赤貝猫、探偵犬)
青物屋へ秋の味覚松茸を買いに行ったところ、太くて堅い最上級品から虫が食ってフニャフニャに萎れたものまで並んでいる。値段を聞くと、どれもこれもみな百目(匁)五百円と言うではないか。不思議に思いわけを尋ねたら「松茸はどれも、突っ込みになってま」『松茸』ほか『壁松茸』『赤貝猫』『探偵犬』の四艶笑小咄。
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug232.htm

|

« (二代)桂小南「尼恋」 | トップページ | 笑福亭鶴光「太閤と曽呂利」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (二代)桂小南「箒屋娘」:

« (二代)桂小南「尼恋」 | トップページ | 笑福亭鶴光「太閤と曽呂利」 »