« (六代)笑福亭松鶴「貝野村」 | トップページ | (二代)桂小南「堀越村」 »

2009/08/16

(初代)桂小文治「木津川」

【世紀末亭】2009年8月16日定期アップ

ふと思い浮かんだ言葉をメモし、針小棒大に目一杯膨らませては、この定期アップの作文をでっち上げておりますが、1回分の長さには満たないものの、捨て去るにはもったいないキーワードが残ってましたので、ここに「小ネタ集」として蔵ざらえいたします。

▼ヒザオクリ
座敷スタイルの寄席に行ったことのある方ならご存じでしょう。主催者の予想を超えて客が詰めかけたとき、開場前に並べた座布団の配置では全員が座れなくなるので、少しずつ膝を前方へ送って詰めていってもらいます。そうすると、最後部にもう一列ないし二列、座布団を並べるスペースが生まれ、めでたく全員オッチョン。

のはずなのですが、上手な誘導員なら「最前列のお客さま少し膝を前へ、その次二列目、三列目……」順繰りに送って行くところ、下手糞誘導員は単に「ちょっとずつ前へ詰めてください」なんて言うものだから、客全員が勝手気ままに前へゴソゴソ、第二波ゴソゴソ、第三波ゴソゴソ……、詰まったようで詰まらないようで、結果オーライってか?

それ以前に、前方に空席があるにもかかわらず、誘導もせず膝送りの号令をかけたら、それは「席送り」でしょ。隣りの彼女と離れ離れは嫌やわ~いッ! 彼女おれへんけど。

▼ナマベイチョウ
我が国の誇る重要無形文化財「国宝」桂米朝師匠は、毎年のようにお体に不具合を生じ休養されます。もう年中行事になっていて「またか」の声も聞こえてくるのです。今年は軽い脳梗塞でお休みを取られていますが、去年までは骨折を繰り返されていました。昔からよく言う言葉「生麦・生米・生卵、生瓢箪は青瓢箪のもと、生米朝は骨折のもと」

▼モクトウ
全国高等学校野球選手権大会が真っ盛りです。8月15日の正午には試合を中断し、先の太平洋戦争犠牲者へ1分間の黙祷をささげるのが夏の風物詩として定着しました。このほか、いろいろな場面、いろいろな事件・事故・災害に対して黙祷がささげられていますが、おおむねその長さは1分間で、10秒とか3分とかはあまり聞きません。1分程度だからこそ亡き人への想いを募ることができるのでしょう「10分間の黙祷」なんてことになったら、途中で「モウソウ」がはさまるに決まってますから。

▼モズク
ツルリとした舌触りの「もずく酢」が箸休めに一品あると、普段の食卓が旅館の宴に変わる。わけはありませんけど、安く手軽に和の心を味わうことができ、糞暑い夏の献立に重宝します。今でこそしっかり頭の中で「海のモクズではなく、海のモズク」だと考えてから口に出せるようになりましたが、子どもの頃にはモクズとモズクの区別が曖昧でした。

●(初代)桂小文治「木津川」:創作落語?
真島は久しぶりに大学時代の友人である、長円寺の住職・佐伯の元を訪れた。ある研究のため話を聞こうと寺へ向かったのだが、あいにく本人は留守。おかしなことに応対した寺男は話を曖昧にはぐらかし、いつ戻るとも教えてくれない。仕方なく近くの宿に部屋を取り、詳しい経緯を番頭に尋ねると「女性関係のもつれから一人の女を自害させ、その呵責により千尋の藪へこもったきり出てこない」と言う。そこで、番頭に案内を乞うて藪の奥深く分け入ってみると……
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug465.htm

●桂米朝「天王寺三題」
彼岸の人出を当てに沸き出るニワカ戒名書きに「ごりがりまからどぉじ」「まいまいちんしゃんどぉじょ」「せんしゅ~さかい、だいどぉくけんのちょ~、ほぉちょ~かじきくいちもんじのしろぉ、ふじわらのかねたか、ほんけこんぽんかじもとへぇべぇ、せんぞだいだいかこちょ~いっさい」漢字で書けと困らせたら、隣りの戒名書きがスラスラッと書き上げ、八十銭の代金を吹っかけられて逆に困ってしまう『戒名書き』ほか『ブラリシャラリ』『悟り坊主』の天王寺にまつわる小品三題。
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug227.htm

|

« (六代)笑福亭松鶴「貝野村」 | トップページ | (二代)桂小南「堀越村」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (初代)桂小文治「木津川」:

« (六代)笑福亭松鶴「貝野村」 | トップページ | (二代)桂小南「堀越村」 »