« 露の五郎(五郎兵衛)「雪の戸田川」 | トップページ | (初代)桂小文治「うらのうら」 »

2009/05/17

桂春雨「荒大名の茶の湯」

【世紀末亭】2009年5月17日定期アップ

ウンチクを語ったり論を張るには程遠いながら、映画が好きでよく観ます。一時、映画の日やメンズデーを選んで映画館に出かけ、月2~3本新作を観ましたが、最近はもっぱら家庭で往年の名画を楽しむことの方が多くなりました。ソースはビデオに録り溜めたテレビ放送と、漫然とコレクションした洋画LDで、いまだにDVDは手付かずにいます。

興味を抱くとそこそこ深みにはまり込む性分をもっているため、LDプレーヤーを手に入れた途端、古典映画を集めてみたくなり、カタログを眺めては毎月日本橋へ通うのが楽しみになっていった、というのがコレクションを始めたきっかけです。

ジャンル別に整理したくなる程度溜まった1990年、シャープから「液晶プロジェクター・XV-101T」が発売され、6畳間でもホームシアターが開設できる時代が到来し、さんざん迷った挙句購入してしまったのは、今考えても正解だった気がしますね。あのとき、諦めていたら自宅映画館は無かったはずですから。

興味を抱くとそこそこ深みにはまり込む性分をもっているため、液晶プロの画質で飽き足らなくなった1994年、高嶺の花と諦めていた三管式プロジェクター「ソニー・VPH-500XJ」を、仕事関係の事務機屋さんから破格の条件で手回してもらえることが分かり、今度は考えることを考えもせず予約。したのはよかったけれど、さぁ、配達された実物を目の前にして頭ガ~ンッ! 重量40kgは想像以上の重さと大きさでありました。

三管式プロジェクター・ソニー VPH-500XJ

ブレード・ランナー(右横はB2ポスター)

けどそこは、興味を抱くとそこそこ深みにはまり込む性分をもっているため、考えることを考えて、考えられないことは現物合わせの力技で、そしてホームセンターへの往復を繰り返し、何とか鴨居に吊り下げることができたあと、電源を投入して最初にスクリーンに映し出された映像を見たときには……「映画館が家(うち)にやって来た」とは言い過ぎではありません、いまだに「あのとき無理しといてよかった」としみじみ思います。

では「6畳間、80インチスクリーン」とはどんな風景かと言いますと「シネコンの100席部屋、真ん中から少し後ろの席で観ている感じ」と、口で言っても伝わらないと思いますので、いっそのこと明日にでもアマゾンあたりでご注文されてはいかがでしょう? 機材も極端に安くなっている現在、今ざっと探してみたら11万円でお釣が出るようです……、あなたの部屋に映画館がやって来る。

◆ホームシアター:最安値合計(2009/05/15現在) \107,704~
 ・プロジェクター:DLP方式プロジェクター \42,114~
 ・スクリーン:巻き上げ式86インチ ワイドスクリーン \10,800~
 ・AVサラウンド対応アンプ:\29,770~
 ・スピーカー:5.1chホームシアターシステム \25,020~

●桂春雨「荒大名の茶の湯」:江戸落語「荒茶」
頃は慶長四年、関が原の合戦を目前に控え、徳川方は「豊臣七人衆」を味方に付けようと画策していた。徳川の軍師・本多正信は加藤清正ら荒大名七人の寝返りを説得しようと、屋敷内に茶室をしつらえ茶会に招くのであるが、なにしろ戦に明け暮れていた大名のこと、千利休の直弟子・細川忠興を除いて、茶の湯などまったく縁がない。そこで、細川を正客にし先頭に立たせ、ほかの六人は彼の所作をそっくり真似てその場を乗り切ろうとするのだが……
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug461.htm

●桂米朝「二階借り」:別演題「茶漬間男」
亭主が茶漬けを食っているにもかかわらず、賄いもそこそこに「隣りのお咲さんと約束してたんや」と、女房のお芳さんは風呂に出かけた。とは真っ赤な偽り、実は亭主の友達・辰っつぁんと束の間の逢瀬、間男、よろめき、不倫を楽しもうと飛び出したのである。なのに、辰っつぁんといえば財布を忘れて盆屋(ぼんや=連れ込み宿)へ行くこともできない。そこで、お芳さんの家の二階部屋を使ってことに及ぼうと、何食わぬ顔で「こんばんわ……」
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug223.htm

|

« 露の五郎(五郎兵衛)「雪の戸田川」 | トップページ | (初代)桂小文治「うらのうら」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 桂春雨「荒大名の茶の湯」:

« 露の五郎(五郎兵衛)「雪の戸田川」 | トップページ | (初代)桂小文治「うらのうら」 »