« 笑福亭鶴光「掛川の宿」 | トップページ | 露の五郎(五郎兵衛)「雪の戸田川」 »

2009/04/19

露の五郎(五郎兵衛)「金瓶梅」

【世紀末亭】2009年4月19日定期アップ

2009年3月30日、露の五郎兵衛(本名・明田川一郎=あけたがわ・いちろう)師匠が多臓器不全のため77年の生涯を閉じられた。1932年3月5日、京都に生まれ、9~13歳まで中国で過ごしたのち日本に引き揚げ、1947年に二代目桂春団治に入門(桂春坊)。1960年、小春団治を経て1968年に二代目露の五郎を襲名。1994~2003年のあいだ上方落語協会会長を務め、2005年には「露の五郎兵衛」二代目を襲名されていた。

わたしが五郎兵衛師匠の生の高座に接したのは、2004年11月18日(木曜)、東成区民ホール(市役所3階)で開催された「東成区市民寄席」露の五郎「ねずみ」が最初で、2004年12月19日(日曜)、阿倍野青年センターでの「田辺寄席 三十周年記念落語会 ~ 五郎師匠の「中村仲蔵」を聞く会 ~」が最後と、2席しか拝見できなかったのが残念でならない。

「世紀末亭」では桂米朝師匠、桂枝雀師匠に次いで、36演目と多く紹介させていただいている(下記一覧参照)。今回は長編艶笑噺「金瓶梅」を取り上げ、師匠の追善に供したい。

00/02/13 ● 深 山 が く れ 99/06/27 特選落語全集(MBS)
  http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug196.htm
00/05/07 ● 加 賀 見 山 99/05/08 日本の話芸(NHK)
  http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug206.htm
00/06/18 ● 大 丸 屋 騒 動 97/08/** 人情噺集成(CROWN)
  http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug212.htm
01/08/05 ● 紀 州 飛 脚 **/**/** 日本クラウン
  http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug272.htm
01/08/19 ● 目     薬 97/08/03/上野鈴本(CROWN)
  http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug273.htm
01/09/09 ● ト ン ボ さ し 97/12/18/更科権太郎(CROWN)
  http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug274.htm
01/11/04 ● 粉 つ ぎ 屋 97/10/22/宗右衛門町エスカイヤクラブ(CROWN)
  http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug278.htm
01/12/23 ● 鼠  の  耳 83/12/10/第69回もとまち寄席恋雅亭(CROWN)
  http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug281.htm
04/05/23 ● 浮  世  床 03/05/24 平成紅梅亭(YTV)
  http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug340.htm
04/08/22 ● 真  田  山 70/06/13 ミッドナイト寄席(ABC)
  http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug347.htm
04/10/17 ● 三人旅浮之尼買 73/01/14 落語百選(OBC)
  http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug351.htm
07/04/08 ● 唐 人 お 吉 90/12/10/元町・恋雅亭(CROWN)
  http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug414.htm
07/04/22 ● 神崎与五郎外伝 97/07/15/京橋・ビギン寄席(CROWN)
  http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug415.htm
07/05/06 ● 女 護 ヶ 島 97/10/22/宗右衛門町エスカイヤクラブ(CROWN)
  http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug416.htm
07/08/05 ● 提  灯  屋 76/05/21/大阪厚年中 上方落語の会(NHK)
  http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug419.htm
07/08/19 ● 宗 悦 殺 し 81/07/23/大阪厚年中 上方落語の会(NHK)
  http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug420.htm
07/09/02 ● 近 江 屋 丁 稚 91/08/18/広島県安佐町農協 上方演芸会(NHK)
  http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug421.htm
08/01/20 ● 人 形 の 目 86/08/09 (COLUMBIA)
  http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug428.htm
08/02/17 ● 艶 噺 初 天 神 97/12/25/心斎橋・暫(CROWN)
  http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug430.htm
08/03/16 ● 五郎艶笑噺集一
  http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug432.htm
     ・ お獅子つぶれた 97/10/20/京都・川久(CROWN)
     ・ 蟹 と 行 者 97/12/25/心斎橋・暫(CROWN)
     ・ 指は知っていた 97/10/20/京都・川久(CROWN)
     ・ もう一合・鞍馬の天狗 97/12/25/心斎橋・暫(CROWN)
08/04/20 ● 道     鏡 **/**/** 日本クラウン
  http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug435.htm
08/05/04 ● 鯉 津 英 之 助 73/04/22 落語百選(OBC)
  http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug436.htm
08/05/18 ● 五郎艶笑噺集二
  http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug437.htm
     ・ 上下 の しるし 97/12/18/大阪・更科権太呂(CROWN)
     ・ 大 師 の 馬 97/08/05/鈴本演芸場(CROWN)
08/06/22 ● 五郎艶笑噺集三
  http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug439.htm
     ・ 名     月 97/10/22/宗右衛門町エスカイヤクラブ(CROWN)
     ・ 揚  子  江 97/10/22/宗右衛門町エスカイヤクラブ(CROWN)
08/07/06 ● 常太夫 義太夫 94/12/10 お笑い大賞(YTV)
  http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug440.htm
08/07/20 ● 五郎艶笑噺集四
  http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug441.htm
     ・ 医 者 間 男 97/10/20/京都・川久(CROWN)
     ・ 下     口 97/12/21/京都・花斗(CROWN)
08/08/17 ● 五郎艶笑噺集五
  http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug443.htm
     ・ お好み吸いもの 97/10/19/京都・川久(CROWN)
     ・ 赤 貝 猫 ほ か **/**/** (CROWN)
08/09/21 ● 大 名 道 具 **/**/**/スタジオ録音(CROWN)
  http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug445.htm
08/10/19 ● 建 礼 門 院 97/10/20/京都・川久(CROWN)
  http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug447.htm
09/04/19 ● 金  瓶  梅 97/12/25/心斎橋・暫(CROWN)
  http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug459.htm

次回予定
09/05/03 ● 雪 の 戸 田 川 88/07/16/大淀ホテルプラザ 土曜名人会(ABC)

●露の五郎(五郎兵衛)「金瓶梅」
中国三大奇書とも四大奇書とも言われる中に、人間の愛欲・欲望に視点を据え、当時の社会の退廃した状況を如実に描き出す「金瓶梅」がある。本編はその「金瓶梅」より武大(ぶだい)の女房・潘金蓮(はんきんれん)と、金蓮に目を付け、手の内にしようとたくらむ西門慶(せいもんけい)の駆け引きを描き出した艶笑噺。仲立ちをする金蓮の隣りの茶店の婆さんの振る舞いが見事である。
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug459.htm

●桂雀々「夢八」:江戸落語「伊勢詣り」
呼び出されて甚兵衛さんの家を訪ねた八っつぁん、何の用かと思ったらアルバイトを世話してくれるらしい。聞けば、ツリのお供をして一晩過ごすだけでいいのだそうだ。アホでもできる楽な仕事だというので即引き受け、その足で現場へ連れて行かれると、弁当と割り木を渡され一軒の小屋へ放り込まれる。眠気覚ましに割り木で床を打ち鳴らし、弁当を食いながら夜が更けゆくにつれ、目の前に吊ってあるムシロの存在が気になり、フッと覗くと変死体がブラリ。ツリのお供というのは釣りではなく首吊りの見張り番だったのだ……
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug220.htm

|

« 笑福亭鶴光「掛川の宿」 | トップページ | 露の五郎(五郎兵衛)「雪の戸田川」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 露の五郎(五郎兵衛)「金瓶梅」:

« 笑福亭鶴光「掛川の宿」 | トップページ | 露の五郎(五郎兵衛)「雪の戸田川」 »