« 笑福亭松鶴(六代目)「金釣り」 | トップページ | 笑福亭鶴光「掛川の宿」 »

2009/03/22

(初代)桂小文治「でば吉」

【世紀末亭】2009年3月22日定期アップ

寒さが緩み春霞がかかる頃になると、気持ちもボワァ~ッと緩んできます。なおかつ頭もボワァ~ッと緩んで、何か書きたいけどネタが思い浮かばない。いやいや季節のせいにしてはいけません、わたしの場合、頭ボワァ~ッはなにも春だけのことではなくて、しょっちゅうボワァ~ッとしてますから、外部記憶装置的メモ紙を手放せないのです。

今、手元にあるメモ紙の最も古い日付は2007年10月、約1年半分保存されています。内容を拾らい出してみると、いつ頃どんなことを思い浮かべていたのか、我が頭の揺れ具合が分かって面白いかな? とか考えて、曝してみることにしましょう。けど、そのまま書くと不適当なものはもちろん除外しました。

4・10近鉄300/14400/2007.10.25」調整ボルト奥へ回すとギア奥へ動く」白菜柔らかく」俗曲大津絵奈良のはたごや三輪の茶屋」踏まれたり蹴られたり」背に腹、手に足」手を洗う」毒入りギョーザ、日本のスパイ」2/4レコード虫干し完了」ガスライター、キッチンタイマー」ネットの履歴」三輪車、蒸気機関車、新幹線」舞台のこっち側」~はGOサイン」手垢付き磨いて夜なべて暁」ナスのスパイシーパスタ」エキセントリック」某国民放送局HDTVデモ大画面歌合戦のハデハデ衣装」ボケ猫」UHA味覚糖?」劇団ニュースペーパー」先生用教科書赤字で要点」シュール揚げずに唐揚げ」道頓堀ウィング環境悪化」かわいい、きれい、おいしい」イオンギフトカードプレミアム」米朝、弟子の会、総検分」図星」358枚」地デジ普及率?」グレゴリー・ペック」カットレイト・ドラッグ」サンタ・ローサ」5月べにこご復活」

書き出しながら「あぁ、これはあのときの、これはこのときの……」関連付けはほぼ忘れていませんでした。だからこそメモの意味があるのでしょう。しかし、クリップの容量には限りがあるので、古いものから処分していかなくてはならんのです。脳味噌を削り取られるような気分がします。

●(初代)桂小文治「でば吉」
申し込んでいた頼母子講の借り入れができるようになった、との知らせを聞き世話役の吾助さんを訪ねると「何に使うのか教えて欲しい」と言う。そこで正直に「女郎の小照を引かせて、嫁さんにする」のだと伝えると「騙されているに違いないから、本心を確かめろ」とアドバイスされた。その方法とは「友達と喧嘩した弾みで殺してしまった、心中してくれ死んでくれ」と頼み、毒薬に見せかけた灰を飲んでくれれば「心底見えた、女房殿」嬶にしても良いというのだ。さっそく、ミナミの御茶屋へ出かけ小照を呼んでもらうのだが……
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug457.htm

●桂米朝「古手買い」
「義理の弟に古着を買ってやりたいので付き合ってくれ」と、友人に頼まれ、坐摩の前の古手屋へ同道することになった。手ごろなものが見つかり、五円十五銭を五円ちょうどにしてもらえることになったのだが「わしにも値切らしてくれ」と言うので、改めて値段の交渉に入ると「十銭に負けろ」あまりの非常識に番頭は「子ども、塩まいとけッ!」怒ってしまう。さぁ、最初に口を利いた俺の立場はどうなるねん?
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug218.htm

|

« 笑福亭松鶴(六代目)「金釣り」 | トップページ | 笑福亭鶴光「掛川の宿」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (初代)桂小文治「でば吉」:

« 笑福亭松鶴(六代目)「金釣り」 | トップページ | 笑福亭鶴光「掛川の宿」 »