« 桂文太「松島心中」 | トップページ | 桂米朝「開帳雪隠」 »

2008/11/16

曽呂利新左衛門「吹替息子」

【世紀末亭】11月16日定期アップ

わたしが小学2年当時、テレビがまだ白黒だった頃、アメリカン・ホームドラマのなかで、子どもが自転車を庭へ横倒しに放り出して家に入っていくシーンの記憶があります。たびたび見たので、彼の国では普通の行動だったのでしょうが、子ども心に「何というもったいないことをするんだ、自転車を放り出すなんて。もっと大切に扱え」と思ったものです。

日本庶民にとって自転車はまだまだ高嶺の花であり、ましてや子ども専用の自転車なんて、お金持ちと思われているお坊ちゃんでさえ持てなかったそんな時代ですから、羨ましさとカルチャーショックで「何てことを……」と記憶に残っているのです。

そんな「何てことを」な光景、今やこの日本でも日常的に見ることができるようになりました。先日も近くの児童公園で、スタンドを掛けようともせずガシャ~ンと自転車を横倒しに放り出し集まる子どもたちを見て「あぁ、日本も豊かになったもんだなぁ……、馬鹿野郎ッ!」と、オッサンはちょっと悲しい。

わたしが専用自転車を持ったのは小学4年のとき、全体に錆びが浮き、タイヤ、チューブがボロボロに腐った鉄の塊をご近所からもらったのが最初でした。ペーパーで錆を落としラッカーを塗り、親をなんとか説得して自転車屋さんへ持ち込んで、タイヤ、チューブの交換とブレーキをはじめ各所の整備。苦労して手に入れたものは大切にしました、乗るより磨いている時間の方が長かったぐらいです。

2台目ももらい物でしたね、こちらは内装3段変速の軽快車タイプ。でも変速機のギヤが壊れていて実質2段、ほかは十分満足できるものだったのに、3年目の夏に盗難にあって悔しい思いでしばらくは自転車のない生活が続き、高校生になって初めてのバイトで買ったのが新品の自前、憧れの12段変速ドロップハンドル・スポーツタイプでした。

以来、指折り数えて今使っている折りたたみミニ自転車まで6台「総計何キロぐらい走ってるんやろ?」計算しようとして、できるわけないのでやめますが、ミニ自転車だけは距離計が付いているので分かります。購入して2年で2,300キロ、誤差1割としても2,000キロは確実に超えています。今、日本地図を広げて測ってみると、ほぼ北海道・知床半島から鹿児島・大隈半島まで。自転車も頑張ったが、わしも頑張った。

●(二世)曽呂利新左衛門「吹替息子」:江戸落語「干物箱」
船場で商いをする親父さんは堅実と言うか、丁稚も置かず家族だけで店を切り盛りする倹約家なのに、生まれた息子は、ウソをついて御茶屋通いをする放蕩者に育ってしまった。今日しも意見され、強制的に帳場へ座らせられているところへ、出入りの八百屋の喜助が訪ねて来たので「今夜、遊びに出かけたいから、俺の身代わりになって寝間で寝ていてくれ」と頼む。実はこの八百喜、器用に声色もの真似ができるのだった……
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug449.htm

●笑福亭松鶴「猫の災難」
朝酒喰らって酔っ払った男、まだ呑み足らないのか魚屋で腐った鯛をタダでもらって帰り、フラッと訪ねて来た友達を酒の段取りに走らせた。そのあいだに鯛を調理すると見せかけ「猫が来て、持ち逃げされた」と言いわけし、またまた肴の段取りで走らせているあいだに、先ほどの一升瓶はすっくり空。戻った友達には「猫が来て、持ち逃げされそうになったので、追い払おうとしたら酒がみなこぼれた」そうたびたび猫を口実に使われては猫が黙っていない……
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug210.htm

|

« 桂文太「松島心中」 | トップページ | 桂米朝「開帳雪隠」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 曽呂利新左衛門「吹替息子」:

« 桂文太「松島心中」 | トップページ | 桂米朝「開帳雪隠」 »