« 笑福亭三喬「子盗人」 | トップページ | 桂文太「松島心中」 »

2008/10/19

露の五郎「建礼門院」

【世紀末亭】10月19日定期アップ

世の中、肥満に悩む人は多いとみえ、さまざまな減量方法が考えられては流行り廃りを繰り返しています。記憶に残るものでは「リンゴ」「キャベツ」「納豆」そして直近の小道具が「バナナ」だとか、しかしこれも既に下火になったらしく、次は「とろろ昆布」「キウイフルーツ」なのだそうです。

「何を食べれば痩せられるか?」なんてことはま~ったく存じ上げませんけど(っちゅうか食べたら太るやろ)、今回、体重の増減とエネルギー消費、それにエネルギー補充つまり食事の因果関係について少しメモってみることにしようかな、なんて考えております。ハイティーンの頃(73→57kg)、中年終わりの頃(64→54kg)と過去二度のダイエットに成功しているとはいえ、参考になるかどうかなんて保障しませんのでそのおつもりで。

【ダイエットの構造】
人が活動するにはエネルギーを消費します。何もせずジッと横たわっているだけでも、何がしかのエネルギー(基礎代謝)を必要とし、起きて動き回るには別途その分のエネルギーが必要となります。そこで、食事をすることによってエネルギー補給を行うわけですが、消費と供給がイコールなら体重に変化なし。補給が多ければ余ったエネルギーを体に蓄えて体重が増加し、少なければ体に蓄えてあるエネルギーを消費して減少します。

  エネルギー摂取 > エネルギー消費 = 体重の増
  エネルギー摂取 < エネルギー消費 = 体重の減

例えば、1年間に55→65kg、10kgの体重増加があったなら「1年で18.2%増加した」ことになります。これはつまり「その間、エネルギー補給が18.2%多すぎた」と言い換えることが可能です。そこで、食事量を-18.2%してやれば、とりあえず体重増加は食い止められます(これが本来の適正食事量)。

そのうえ、これから1年かけて65→55kg、10kgの体重減を図ろうとするなら「適正食事量の84.6%の食事量、つまり-33.6%(15.4%+18.2%)」すればよいと計算されます。

  55kg × 1.182 = 65kg ……増加(現在の食事量)
  65kg × 1.000 = 65kg ……維持(適正食事量)
  65kg × 0.846 = 55kg ……減少(ダイエット)

でも「1年も待てない、半年、いや3か月で何とか減らしたい」となると、追加計算してやらないといけませんね。半年であれば期間が2分の1になるのですから、エネルギー削減は倍の-49.0%(30.8+18.2)、3か月ならまたその倍の-79.8%(61.6+18.2)、あれ、食事量5分の1? これでは減量する前に命がない。そういうことです、食事制限だけで短期間の大減量は無理ということです。

そこで目を向けるのがエネルギー消費のほう、つまり普段の運動量以上に動いてエネルギー消費量を多くしてやればよいことになります。仕事で多く動けば収入も上がるのですけど、そんなに都合よく仕事があるわけないですから、ここは運動でもして消費するほかないでしょう、ただただ無駄に動き回ってください(笑)

厳密には現在のエネルギー消費量と運動による消費量増を計測しないと算出できないのですが、仮に朝9から夕方5時まで7時間働いている人が、労働時間以外に3時間半歩くなり走るなり泳げば、計算上50%エネルギー消費が増えることになります。先ほどの食事制限と組み合わせ「食事(-29.8%)+運動(-50%)=-79.8%」これなら、3月で元に戻るかな?

しか~し、食事量3割カット、運動3時間半なんてほとんど無理、だいちそんなことすればビタミン、ミネラル、必須タンパク質の供給も減少して体に良くない。現実的には食事制限(-20%)、運動1時間(-15%)ぐらいで1年ほどかけて気長にゆっくりダイエットすることをお勧めしときます。

と、ここで意気消沈してしまいそうな人にサービス・インフォ。はじめに書いた「人が活動するにはエネルギーを消費します。何もせずジッと横たわっているだけでも、何がしかのエネルギー(基礎代謝)を必要とし……」の「基礎代謝」は、運動を続けることによって結構高まります。半年ほど負荷運動を続ければ、それこそ「寝ていても痩せられる」と思えるほど……、と言ってしまうと、ある種情報番組と同類になってしまうので、気の持ちよう程度ってことで。

●露の五郎(五郎兵衛)「建礼門院」:並艶笑噺
源氏・平家の盛衰を、義経周辺の愛憎模様をとおして描いた大河艶笑落語。母・常盤御前、それを狙う平清盛、清盛の次女・建礼門院、兄・源頼朝、愛人・静御前、藤原秀衡の娘などなど、そして忠臣弁慶の葛藤。日本史の教科書を読んでも解らなかった相関図が、この落語を聞いていっぺんに解った。と高校生にも大評判……、なはずがない。
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug447.htm

●桂米朝「馬の尾」:江戸落語「馬のす」
釣りのテグス代わりにしようと馬の尾を抜いたところ、友人が見つけて「アッ、えらいことしたなぁ、わしゃ知らんで」何か意味ありげな言葉をかけた。「馬の尾を抜くと、どうなるねん?」と問うと、最終的には「馬が痛がる」と(下げで)答えるのであるが、その答えを言うまでの会話や酒・枝豆をいただく所作を楽しみたい。
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug208.htm

|

« 笑福亭三喬「子盗人」 | トップページ | 桂文太「松島心中」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 露の五郎「建礼門院」:

« 笑福亭三喬「子盗人」 | トップページ | 桂文太「松島心中」 »