« 桂吉朝「死人茶屋」 | トップページ | 笑福亭三喬「子盗人」 »

2008/09/21

露の五郎「大名道具」

【世紀末亭】9月21日定期アップ

姪っ子たちが申しますには、ただいまの学生さんの筆記用具のメインはシャープペンシルなのだそうです。我々の頃と違って芯もずいぶんと細く丈夫になり、強く濃く書いても折れにくいし、消しゴムで消せるのがその選択の理由だとか。

わたしが学生だった頃には「鉛筆は小学生のもの、中・高生はボールペンでしょ」という強迫観念があり、さらに「上に進めば万年筆常用でなければ」ということで、中・高・大を通して万年筆は幾何十本となく買い求めました……。嘘です、多くても十数本です。

あるとき、生協の文具売り場でデザイン形状が全く同じでありながら、二千円、三千円、五千円の値が付けられた万年筆を前にして、しばし購入決定を迷っていました……。嘘です、はなから二千円のものを求めるつもりなのですが、値段の違いでどれほど書き味が違うものか試したくて、二千円と五千円の書き比べを申し出たのです。

店の方が陳列ケースより取り出した万年筆、どこをどう見比べてもキャップに付けられた値札以外、違いが見つけられません。係の人に聞くと「ん~ん……、ペン先の材質が違う、のではないでしょうか?」明確な答えはいただけません。

ならば我が感性をもってその違いを、とばかりに書き比べてみると、わたしの感性では明らかに二千円の方が弾力に腰があって、そのうえ滑らか。五千円のものは滑らか過ぎて柔らか過ぎる。好みの問題か? わたしの感性が安物好みなのだろう、そうでしょうとも。

「違いが分からない人間には二千円の万年筆で十分」と言いたげな店員さんの顔を見ながらレジを済ませたのですけど、見分けのつかない本体に、違う値札の付いたキャップ。本体が入れ替わっていた可能性がないこともない、あることもある。と、いま三十数年前購入のその万年筆を眺めながらふと考えた。

●露の五郎(五郎兵衛)「大名道具」:並艶笑噺
戦国時代ならいざ知らず、太平の世の大名は世継ぎを残すこと、つまり夜の「あッふん」だけが仕事だという極論に基づいたお噺。あれが極端に小さい大名、少しでも大きくならないものかと、奥方の奨めで「根精(こんせい)大明神」に参ったところ、ご神体のあまりの立派さにチョチョマイ、槍で突き倒してしまった。怒り狂った根精大明神は神罰を下し、一夜にして大名はじめ家中三千人すべての一物を、袋を残して削除してしまう。さぁ、困ったこまった、そこで修験者を呼び「マッタケ返し」の秘法で……
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug445.htm

●露の五郎(五郎兵衛)「加賀見山」:正本芝居噺
お家横領を企てる岩藤の局(つぼね=大奥上級管理職)は家老の天見郡司兵衛、実弟の主税(ちから)と結託し「旭髻観世音(あさひもとどりのかんぜおん)」という仏像を奪おうとしている。それを阻止しようとするのが中臈(ちゅうろう=大奥中間管理職)の尾上、部下の若侍・求女(もとめ)、腰元・左枝(さえだ)のグループ。現在で言えば企業乗っ取り事件を縦糸に、求女⇔左枝の恋愛、岩藤→求女、主税→左枝の両横恋慕を横糸に、複雑に織り成す人間模様「加賀見山旧錦絵(かがみやまこきょうのにしきえ)」序幕、花見の場を五郎師匠が語ります。
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug206.htm

|

« 桂吉朝「死人茶屋」 | トップページ | 笑福亭三喬「子盗人」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 露の五郎「大名道具」:

« 桂吉朝「死人茶屋」 | トップページ | 笑福亭三喬「子盗人」 »