« 露の五郎「五郎艶笑噺集三」 | トップページ | 露の五郎「五郎艶笑噺集四」 »

2008/07/06

露の五郎「常太夫義太夫」

【世紀末亭】7月6日定期アップ

分からないことがあれば、すぐさまネット検索をかけるのが習いとなったわたしにとって、回を重ねれば重ねるほど、検索サイトの便利機能もおのずと身に付いてきます。その中の一つに、ウェブサイト内のファイル位置情報をあらわす「URL」のみを対象に文字列を検索する機能「inurl:」(検索エンジンGoogle)があるのをご存知でしょうか?

たとえば「inurl:/ViewerFrame?Mode=Motion」で検索してやると、パナソニック社製のライブカメラが次々ヒットします。ザラッと吐き出された検索結果をクリックしてやればカメラからの映像が映し出されるわけですけど、多くの場合「誰がどこに設置した」のかすぐ分かるようになっています。見てもらいたくてネットで公開してるんですからそれが普通です。

でも、中には「誰が何の目的でどこに設置したか分からない」不思議な映像があり、そういうのに出くわすと俄然、興味・関心・探究・追求・探偵する心が湧いてきて、ついつい時間を忘れて調査活動に没頭してしまうのです。その調査の手順のひとつをここに示すと……

まず、先の「inurl:/ViewerFrame?Mode=Motion」検索で見つかったライブカメラの一つがこれ。
http://koyo-mapet.miemasu.net/ViewerFrame?Mode=Motion&Language=1

このカメラサイトのトップページに表示されている案内リンクを辿って辿って、行き着いた先にあったのが「わくわくペット王国・メイペット」でした。
http://www.mapet.net/index.html

このサイトのコンテンツ「わくわくペットカメラ」をクリックすると、先ほどのライブカメラへのリンクが張ってあり「誰が何の目的で」までは解決しました。残されている「どこに設置されているのか」ですけど、これはサイトに記載された会社の所在地を見れば調査終了。と、ここで終わったのでは素人探偵の探究心が黙っていません。

念のため、該当住所を「Google Map」で検索し、航空写真映像で見てみると、
http://maps.google.co.jp/maps?sourceid=navclient&hl=ja&ie=UTF-8&rlz=1T4GGIH_jaJP241JP241&q=%E5%A4%A7%E9%98%AA%E5%B8%82%E7%94%9F%E9%87%8E%E5%8C%BA%E5%B7%BD%E5%8C%971-3-5&um=1&sa=N&tab=wl

カメラの映像と比べ、なんか違和感が……、正面にあるはずのコイン駐車場「GSパーク」が周囲に見当たりません。そこで、またしても「生野区 GSパーク」で検索に取りかかります。ヒットしたのは「今里新地駐車場・新今里公園北駐車場・新今里第二駐車場・大池橋駐車場・寺田町東駐車場・生野田島駐車場・今里駅前駐車場・巽中三丁目駐車場」の8件。

「捜査の基本は歩いて、自身で確かめろ」とか言いますから、一つずつしらみつぶしに「Google Map」検索し、航空写真映像で確認していくと「新今里公園北駐車場」付近が怪しい。周囲に目を凝らし、左角にある住宅の屋根の形、右側に見える工場の形……、ビンゴ! レンズと被写体の角度から推察すれば、この住宅のこの窓から送られてくる映像に違いない。
http://maps.google.co.jp/maps?sourceid=navclient&hl=ja&ie=UTF-8&rlz=1T4GGIH_jaJP241JP241&q=%E5%A4%A7%E9%98%AA%E5%B8%82%E7%94%9F%E9%87%8E%E5%8C%BA%E6%96%B0%E4%BB%8A%E9%87%8C2-8&um=1&sa=N&tab=wl

どうです、椅子に座ってモニターを眺め、キーボードを叩くだけで、1軒の家まで絞り込めてしまえるネットの威力。素人探偵ごっこをやってたつもりが、結果にちょっと恐くなったりしています。

●露の五郎(五郎兵衛)「常太夫義太夫」:「東の旅」シリーズより
伊勢参宮途中の喜六・清八の二人連れ、旅銀が乏しくなって食うことも泊まることもままならなくなり、鄙びた村のお庄屋さん方へ飛び込むが「ただただ泊めるわけにはいかない」と、つれない返事が返ってきた。そこで「二人は常太夫、義太夫という浄瑠璃語り、今晩泊まって明日一段語る」約束をし、頂きよった喰らいよった、祝儀まで先に頂戴して、夜が明ける前に逃げる段取り。やがて家内中みな寝静まりそっと抜け出し、村はずれの鎮守の森まで来ると、お宮の方から「つねだゆぅ~、ぎだゆ……、つねだゆぅ~、ぎだゆ……」と両名を呼ばわる声が……
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug440.htm

●桂ざこば「厩(うまや)火事」
お咲さんが常日頃「お兄さん」と頼る男の家に駆け込んで来た。いつもの夫婦喧嘩の愚痴でも言いに来たのかと聞いてやると「もう別れる」と穏やかでない。が、話が進めばやはり亭主の竹のことを好いていて「わたしのことを好きか嫌いか、本心が知りたい」らしい。そこで孔子の「厩火事」の逸話と、京都の「陶器収集家」の逸話を話し、家へ帰って亭主が大事にしている茶碗を割って反応を見ろと入れ知恵した。お咲さん、さっそく帰って茶碗を取り出し……
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug201.htm

|

« 露の五郎「五郎艶笑噺集三」 | トップページ | 露の五郎「五郎艶笑噺集四」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 露の五郎「常太夫義太夫」:

« 露の五郎「五郎艶笑噺集三」 | トップページ | 露の五郎「五郎艶笑噺集四」 »