« 桂枝雀「うらみ酒」 | トップページ | 露の五郎「鯉津栄之助」 »

2008/04/20

露の五郎「道鏡」

【世紀末亭】4月20日定期アップ

もって生まれた性格からか、大きな目標に向かって計画を立て、努力を重ね到達するのが苦手です。ですから、目標達成後の充実感を味わったことがありません。いつもその場しのぎで小さなハードルを要領よく飛び越し、結果、最終的に何とかなった。これでは大きな充実感なんて味わえません。

世の中にはスゴイ人たちがたくさんいて、巨大ビジネスプロジェクトを企画したり、学術研究・技術研究に邁進したり、理想社会を夢見て政治活動に打ち込んだり、日々大きなエネルギーを注ぎ込んでおらるとか、また達成されたとか聞くと、そのときの「人生幸せ度」は最高だろうなと想像できます。

人と生まれたからには、そんな最高の幸せ感を味わってみたいものだと思わないこともないけれど、もう遅すぎます。今からでは準備しているあいだに日が暮れてしまいそうだから。そこで、そんな大きな幸せでなくとも、日常の小さな幸せを探して積み重ね、自分自身を納得させてしまうことで総量同等にしてしまおう、とか、凡夫は姑息な手段を使うのです。

朝、目覚ましに頼らず自然に起き、寝足りた充足感の幸せ。朝食後、定時の便意とともにたっぷり通じたあとの幸せ。落語を一演目書き起こし終わったあとの達成感。シャワーではなく、湯船にどっぷり浸かって一風呂浴びたあとの幸せ。夕食を終えたあとの満腹感。就寝時、布団にもぐり込むやいなやフ~ッと眠りに落ちて行くときの恍惚感。

一日に六回も幸せを感じていられるのだから「ありがたいこと」と感謝しないといけませんな。またそれに足すこと、掃除をし終わったあと小奇麗になった部屋を見て精神の安定を感じ、洗濯を終えてパンツを干しているとしみじみ生きて暮らしている存在を感じ、米を買って帰って米びつに移し満杯になった状態を見ていると生活の平和を感じる……、安上がりな人生で良かったよかった。

●露の五郎(五郎兵衛)「道鏡」:強艶笑
「弓削村でツラじゅ~鼻の子が生まれ」つまり、鼻の異様に大きい子どもが生まれた。鼻が大きいというのは男性自身が大きいことの比喩、生まれ出たときから将来の運命を左右する道具を持ってたんです。それこそ身一つで「立身」出世、皇位をも狙おうかというところまで上り詰める道鏡を、古川柳に残された記録に当たりながら読み解き……、ということにしておこう。
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug435.htm

●露の五郎(五郎兵衛)「深山がくれ」
諸国を巡り武者修行する武芸者が、九州は天草の地に足を踏み入れたところ、女ばかりが立ち働く村に出くわした。疑問を感じ一人の女に尋ねると「年に一度、町へ買い出しに行く男たちが戻って来ず、それを迎えに行った男たちも戻らず、それをまた連れ帰りに行った者もお庄屋の倅たちも戻らず、今は年取ったお庄屋さん一人だけになってしまった」と言う。事件の臭いを感じた武芸者は、何やら怪しいものが出るという噂の山中へと分け入って行くのだが……
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug196.htm

|

« 桂枝雀「うらみ酒」 | トップページ | 露の五郎「鯉津栄之助」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 露の五郎「道鏡」:

« 桂枝雀「うらみ酒」 | トップページ | 露の五郎「鯉津栄之助」 »