« 桂文我(三代目)「湯文字誉め」 | トップページ | 桂文我(三代目)「覗き医者」 »

2007/10/21

桂文我「佐野山」

【世紀末亭】10月21日定期アップ

最近ハマっている食べ物が「中華風カニカマ玉あんかけ丼」。カニ肉に似せた色形、食感、風味のフェイク食品「カニかまぼこ」を使い中華風に仕上げた丼です。ずばり言えば「フェイク天津飯」ですけど、安価な素材の割りに完成度は200%以上の出来と自画自賛しております。

まさにフェイクさまさまといったところです。ちなみに「フェイク(fake)」とは「偽造品」のこと、横文字を使うと言い逃れが楽ですね。いえ、何も逃れる必要はなく、わたしどちらかと言えばカニが苦手でしたので「フェイクカニカマ」の登場は大歓迎でした。あれに使えるこれに使える、いろいろ考えながら便利に活用させてもらってます。

身の回りのフェイクは「カニカマ」ばかりではありません。わたしが今座っているクッション、見た目、手触りはムートンそのものでありながら、何とお値段ヨンキュッパ、2枚買っても千円でお釣りが来ました。材料はポリエステル100%いわゆるフェイクファーの代表選手です。

部屋の隅に置いてあるサイドボードの天板をよく見ると、木材ブロックを寄せ集めて接着したフェイク厚板だったり、スピーカーがチップボードに高級天然木の薄皮を被せたフェイク材木だったり、ランプシェードが水雑巾で拭いても大丈夫なビニール製フェイク和紙だったり……、本物を見つけ出すのが難しい。

機能第一、コストパフォーマンス第一、そのうえ見栄えが悪くなけりゃフェイクであろうが本物であろうがいいではないか、という生活哲学(?)の持ち主ですから、フェイク製品が集まるのも納得です。こうなるともう、わたし自身本物か、フェイクか……? それが分からなくなったら病院へ行かんとあきませんけど、たぶん他人さまに対しては意識的にかなりフェイクかましてますので、お気を付けください。

●桂文我「佐野山」
頃は江戸時代後期・寛政の世に入ると、それまで優勢だった大阪相撲は江戸相撲の「谷風」「雷電」らの活躍により、次第しだいに番付を落としていった。年に一度、江戸から力士を招いての相撲興行も人気は江戸相撲、名実ともに水をあけられた大阪相撲のなかにあって、佐野山も一勝もできず千秋楽を迎えようとしている。そんな折、江戸力士の嘲笑の声「佐野山改め、出ると負け」を耳に挟み、今場所限り土俵を降りようと覚悟の涙を流すその姿を横綱谷風に見られてしまう。不審がる谷風に心情を包み隠さず打ち明けると……
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug423.htm

●桂吉朝「狐芝居」:原作・小佐田定雄氏
折り目正しい侍が麓の茶屋で一服ののち、床机に太刀を忘れて出て行った。かと思うとすぐに戻って来て「これがなかったらどないしょ~思たんや。ホンマにもぉサッパわやや」侍にしては言葉遣いがおかしい。尋ねると、実は大阪の下っ端役者で名を尾上田螺(たにし)といい、役柄の稽古を兼ね武士の姿で道中をしているのだという。話をすれぼ気のいい若者「いずれ出世したら道頓堀の芝居に招待するわ」言い残して夕暮れ迫る峠道を登って行った。峠にさしかかる頃にはとっぷりと日も暮れ、下りになろうかという時分、どこからともなく芝居の「シャギリ」の音が聞こえてくる。音を頼りに近づいてみると……
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug184.htm

|

« 桂文我(三代目)「湯文字誉め」 | トップページ | 桂文我(三代目)「覗き医者」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 桂文我「佐野山」:

« 桂文我(三代目)「湯文字誉め」 | トップページ | 桂文我(三代目)「覗き医者」 »