« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007/08/19

露の五郎「宗悦殺し」

【世紀末亭】8月19日定期アップ

くそ暑い時期に「怪談ばなし」で涼をとる、プロ・アマ関係なく昔から行われてきた避暑法のひとつです。物理的に涼しくなるわけではないけれど、恐い話に熱中することで暑さを忘れてしまおうという、まことに地球に優しいエコロジーの模範みたいな方法です。恐さの演出には「蝋燭」や「灯明」を灯せば、よりそれらしい雰囲気をかもし出してくれるでしょう。

といっても電気の無かった時代、蝋燭や灯明は日常に欠かせない生活道具だったわけで、蝋燭や灯明そのものが恐怖の源泉ではなさそうです。影がゆらゆら定まらない薄暗さが、電気照明に慣らされた現代人にとって無意識に闇の恐怖への呼び水となり、話の中へス~ッと引き込んでいく理想的な道具立てになっているのです。

焚き木だけが頼りの原始時代、植物油脂が発見されて灯明・蝋燭、化石燃料発見後はランプ、発電機を発明して電球、やがて蛍光灯が発明され、次代を担うのは高輝度発光ダイオードだと噂されています。わたし、さすがランプ生活は経験ありませんけど、電球から蛍光灯への移行は経験しています。

我が家に初めて蛍光灯が点った夜、それは「夜が昼になったと見紛うほどの明るさのシャワーを浴びた」そんな瞬間でした。もちろん商店やオフィスなんかではチラホラ経験していたものの、街路灯はおろか電車、バスの車内照明もほの暗い電球であった時代ですから、その明るさのインパクトはもう爆発的でした。

しかし人間というものは贅沢なもので、ただただ蛍光灯の明るさだけでは満足できなくなってくるのです。全体を蛍光灯で明るくしたそのうえに、裸電球をぶら下げて陽気な気分を追加してみたり、ウッフンな夜を演出するためにメインの照明を消して間接照明にしてみたり、品を変え色を変え形を変え、今わたしを照明しているのは、落ち着いた夜の雰囲気漂う電球タイプ蛍光球の柔らかな赤い光。

話は元の怪談へと戻って、ある怪談ばなしの会で噺も大詰めいよいよ幽霊が出ようかというそのとき、舞台の照明はおろか客席の照明も全て落とされ真っ暗闇になった中、後ろの方から「キャ~、ワァ~」、凝ったメーキャップの幽霊が懐中電灯の照明を携えてのご登場でした。

で、思うに本物の幽霊は真っ暗闇の中ではどうしてるのでしょう? 蛍のように自ら発光することができるのでしょうか? もし発光できなければ出て来ても真っ暗闇では見えないことになるし……、やっぱり自分自身で提灯を持って現われ、顔の下から光を当てて「うらめしや~、アチ、アチ、アチチチッ」

●露の五郎(五郎兵衛)「宗悦殺し」:「真景累ヶ淵(しんけいかさねがふち)」発端
江戸は根津の惣門に幼い娘二人と暮らす金貸し座頭、皆川宗悦がいた。その年も押し詰まった極月二十五日、小日向服部坂の深見新左衛門屋敷まで、貸し金の催促に出向くが折りしも雪に風。ようよう着いたところが、新左衛門は自棄半分で深酒をあおり既に酩酊、「金は無い。元金はおろか、利分も払わぬ。帰れ」と、取り付く島もなかった。「それでは盗人に追い銭。斬り取り強盗、武士の習い」と、売り言葉に買い言葉、これがいけなかった。激昂した新左衛門は太刀に手をかけ、鞘ぐるみ宗悦の肩を打ち付け脅すつもりが……
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug420.htm

●月亭八方「坊主茶屋」:江戸落語「坊主の遊び」
酒の勢いで上がり込んだ安茶屋、噂には聞いていたが噂以上のひどさに「このまま黙って帰るのも癪なので何か悪戯を」と、部屋の鏡台の引き出しを探すと剃刀が出て来た。では、この剃刀で女郎の眉毛でも剃って……、いや眉毛はもう無かった、抜け落ちたのか書いてある。それでは鬢を……、これもほとんど剃る手間が要らないほど抜けている、よっぽど悪い病気持ちに違いない。「もう頭に来た、スックリ丸めて坊主になれッ」すっかり剃り上げ、そのまま二階の窓から飛び降りて逃げ帰った明けの朝、皆が起き出すと……
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug179.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/08/05

露の五郎「提灯屋」

【世紀末亭】8月5日定期アップ

今回ご紹介する「提灯屋」には家紋が登場します。上方の噺家さんでいえば、文枝・米朝一門の「結び柏」、松鶴一門の「五枚笹」、春団治一門の「花菱」、染丸一門「ぬの字うさぎ」、五郎兵衛一門「桔梗」、可朝一門「月輪」、円都一門「九枚笹」、そして福郎一門「梟(ふくろう)」て、そのままやんか。珍しい動物の家紋、福郎一門の「ふくろう」は考えるまでもないとして、染丸一門の「うさぎ」はなぜなのか? 調べましたところ、初代・二代目ともに生まれが卯年であることからだそうです。

「うさぎ」というと、2007年8月3日14時現在、日本海を北北東に進んでいる台風5号の名前が「ウサギ」であるのをご存知でしょうか? 詳しくは「第2群、第5番目の『ウサギ』」。この名前、日本が勝手に決めたのではなく、アジア・北西太平洋地域で既に決定されている140個の名前リストから自動的に決まったものなのです。

つまり、アジア・北西太平洋地域内の14の国が2つずつ28個の名前を登録したものを一つの群とし、その群が5つあって14×2×5=140個の名前が登録されています。2000年の最初の台風「カンボジアが登録したダムレイ(象)」から始まり、最後は「ベトナムが登録したサオラー(新種の動物名)」で一巡、また元に戻るという仕組みになっています。その140個のうちの33番目が「日本が登録したウサギ」ということですね。ちなみに次の台風は「ラオスが登録したパブーク(巨大淡水魚名)」になります。

台風「ウサギ」に限らず、どうしたものか台風が近付いてくると心そわそわ落ち着きません。災害が恐いからとかというのではなく、不謹慎な話ですが打ち寄せる荒波、篠突く集中豪雨、吹き荒れる暴風、自然の猛威を目にしているとアドレナリンが分泌されて、台風ハイ状態に陥るからです。で、決まったように最寄のネットカメラを探し出し、モニターの隅に常時映しながら作業をする。作業しながら台風ウォッチか、台風ウォッチしながら作業か? それは台風の威力によるのですが……

もちろん主立った地点のライブカメラはライブラリに納めてあります。でも、ときに新たなポイントを見つけ出す必要に迫られ検索をかけるのです。最近の検索エンジンはますます賢くなって本文検索どころか、URLの文字列にまで対応するようになっていますから、ライブカメラが持つ固有の文字列を入力してやればたちどころに……、のはずなのに、ある種のグループからは情報を全く拾い出してくれません。

それは、いま流行の「ソーシャル・ネットワーク・サービス」会員制でIDとパスワードがなければ閲覧さえできない閉じられた世界。世間に対し閉じられているということは検索エンジンも入っていけない、つまりどんなに有益な情報が書き込まれていても活用される機会がないということになります。

仲良し、仲間内、なぁなぁの内輪話、取るに足らない文書だから閉じられた世界だけでこっそりヒッソリ、という気持ち分からないことないですけど、たとえ100行のうち99行が無意味であっても、残り1行に重要な情報が含まれているかも知れない、もったいない。というか、その1行が有意義と決めるのは検索する人なのですから、閉じこもっていないで出て来て欲しいな。とか思案しつつ、島根県キララビーチ多岐に打ち寄せる大波と、暴風雨の映像を見て「ウサギ」は今どこに?

●露の五郎(五郎兵衛)「提灯屋」
道端に立って、立って立ちながらボ~ッとチンドン屋を眺めていた男、字も読めないのにうかっとチラシを受け取ってしまった。何が書いてあるのか気になってしょうがないところへ、友達連中が通りかかり「昔は一枚ずつ手ぇで書いたぁったもんや、上が天紅といぅて赤こぉ染めたぁって、それが瓦版になり、木版になり、蒟蒻版になり、こないして活版になって読み易すなって、誰が見たかてよぉ分かる」とは言ったものの、誰も読める者がない。そこで十一屋のご隠居に読んでもらうと、この町内に提灯屋が開店し「祝儀として提灯に家紋を入れます。もし、即座に入れられない時には提灯をタダで差し上げます」と書いてあるという。教育はなくても悪知恵は働く連中、提灯をタダでせしめようと乗り込んで行くと……
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug419.htm

●桂文枝「猿後家」
町内で知らぬ者のない川上屋の後家はんは「イヨッ!」と声をかけたくなる美形の後ろ姿なのに、前へ回ると「スッポンッ!」別名「鼓の掛け声」と言われるほど、山からトレトレの猿にそっくりな顔をしている。そのため、店では「しなさる」「くださる」「捨て去る」と「猿」の付く言葉は禁句、決して言ってはならないことになっていた。ある日「お伊勢さんへ参る」と暇乞いにやって来た野太鼓の太兵衛に、幾ばくかの餞別を渡し送り出して五日目、土産を携え帰った太兵衛が道中ばなしを聞かせるうち、決して言ってはならない「奈良興福寺、猿沢の池」と、つい口を滑らせたから大変……
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug178.htm

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »