« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007/06/17

桂文我「ほうじの茶」

【世紀末亭】6月17日定期アップ

近い将来きっとこの日が来るだろうと予想はしていましたが、2007年6月1日朝方、87年製テレビがついにお逝きになりました。電源を入れて1分、2分、徐々に画面が明るくなり、やがて横縞模様が上下に流れたかと思うと突然真っ白に。当年とって二十歳、歴代テレビのなかでも最長寿を記録しての大往生です。

今思えばその前夜、日頃気になっていたフォーカスの甘さが消え「ん? なぜか今夜のお前は妙に艶かしくシャープに映る」あれが最期を告げるメッセージだったのかも知れません。共に歩んだこの二十年間を我が身の生活と重ね合わせ「あのとき、あんな番組を見せてもらった、こんな番組が映ってた」思い出して手向けとすることにしましょう(合掌)。

そこでさっそく新しいテレビを購入、とはならないんです。これが冷蔵庫、洗濯機、エアコン、レンジなど生活必需品なら間髪入れず買いに走るところ、2週間以上経過した今も別に不便さを感じない。ということは、見ても見なくても良いような、そんな番組しか見てなかったってことですか? 失ってはじめて知るありがたさ、の逆バージョンですね。

いつもテレビのスイッチを入れていた食後の一服時には、ほとんど選択されることのなかった不幸なレコードを棚の隅から取り出して、虫干しを兼ね針を落とすことに。すると、買った時には感じなかった面白味に今さら気付かされ、2枚、3枚と続けざまに演奏、これがテレビに代わる日課になりつつあります。

とはいえ、テレビからの情報が必要になることもあるでしょうから、いずれは新しくしてやらないといけないのでしょう。とりあえず初盆が過ぎた頃に考えるとして、さてこの重くて図体の大きい、どぶさった「らくだ」のようなテレビの亡骸をどうしよう? 処分するにもバカ高い経費がかかるのでした。

●桂文我「ほうじの茶」
ただただおしゃべり、ヨイショだけで座敷に上がっていた太鼓持ちの茂八が、若旦那に呼ばれ部屋に顔を出すと「芸のないものは贔屓にせん、何か習え」と叱り付けられた。芸事は嫌、けど贔屓も続けてほしい茂八は、茶を焙じるとさまざまな芸能役者が出て来るという道具を懐から取り出し「舞踊家」「浄瑠璃語り」「ヴァイオリン演歌師」次々に呼び出しては楽しませる。首尾よく贔屓の続行を取り付け、女将の呼ぶ声で席を立ったそのあと、隙を狙って若旦那が「芸妓・舞子」を呼び出そうと試みると……
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug173.htm

●笑福亭仁鶴「黄金の大黒」
質屋の蔵の横手で砂遊びをしていた家主の坊ちゃんが、金の大黒さまを掘り当てた。めでたいので喜びを分かち合いたいと、宴席に呼ばれた長屋の連中だが、着ていく羽織が1着しかない。そこで、この1着を使い回して祝いの挨拶をしようと企む。落語のセオリーどおり企みは脆くも崩れグズグズになって、それでも祝いの宴は最高潮に達し、呑めや歌えの大騒ぎ。とその時、床の間に飾ってあった大黒さまがスックと立ち上がり……
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug174.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/03

笑福亭福笑「殿集め」

【世紀末亭】6月3日定期アップ

前回5月20日定期アップで「ちょっと一服」宣言した、その舌の根も乾かぬうちに新規追加が出ました。同好のS氏から拝聴させていただいた珍品、演目は福笑師匠の「殿集め」です。声を聞けば、しわがれ具合に若干張りがあるので少しお若い頃の放送録音と思われるのですが、詳細が分かっておりません。ご存知の方、ご一報ください。

閑話休題

5月27日の「田辺寄席 in 天満天神繁昌亭」に参加し、一階席ドア付近が団子になって前へ進まず、ふと横を見ると二階席への階段はガラガラ。「この際、いっぺん二階席がどんなものか体験しよう」ということで上がってみましたところ、噂どおり演者さんとの距離が思いのほか近く、日頃見慣れない「見下ろす」という角度も新鮮、十回に一回ぐらいはアリかも。

上手側の一番前に座り、一階席の様子、舞台の見え方なんぞを観察していると、そんなに急いで席取りしなくてもいいのに、階段状になった通路をころこんで来るオバサマがお一人おられ、階段の途中で前のめりにドスンと倒れられました。二階の手すりは高さがないので、その気になれば飛び越えて一階へダイビング可能です。幸い大事に至らなかったから良かったものの、二階から人が降って来て一階の人が負傷ちゅなシャレになりません。危険ですから走らないようにしましょうね。

人間こんな目に遭うと饒舌になるんでしょうか、このオバサマしゃべるしゃべる。連れの人にどうして転ぶに至ったかの説明をしたあと「いややわぁ、あぁ恐わぁ、ここの階段危ないわぁ、あんたも気ぃつけや」あんたが気ぃ付けっちゅうねん。

おしゃべりは開口ゼロ番・文太さん、前座・雀太さんが登場したあとも延々と続き、あまりの煩わしさに、辛抱たまらなくなったわたしは、満面に笑みを浮かべ(目は怒っていたかも)穏やかに振り向いて、口に人差し指を当て二度、三度前後に指を動かし、つまり声には出さず「シ~ッ、静かにしくされ、ババァ」意思表示は伝わったものとみえ「いややわぁ、前の人怒ったはるわ」せやから、声に出すなっちゅうねん。

以上、事実を元に多少の粉飾、脚色を加えてこしらえあげたスクリプトでした。

●笑福亭福笑「殿集め」
「若い娘が清水の舞台から飛び降りる」という噂が広まり、一目見ようと京洛中の男が集まって来た。歳は十八らしい、えらい別嬪らしい、えぇしの娘らしい、父親の眼病の治癒祈願らしい、横根の治癒祈願らしい、恋患いらしい……、らしいらしいらしい、下ではもう噂話、妄想、夢想、空想、想念、邪念、白昼夢さまざまに飛び交いうるさいことこの上ない。と、やがてお供の女衆(おなごし)を引き連れた妙齢の娘が舞台に姿を現わし……
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug417.htm

●桂枝雀「義眼」
眼病を手術し義眼を入れてもらった男、その出来映えを見せようと松島の女の元へと駆けつけた。見せるものを見せ、するべきことをし、やがて就寝となって「寝るときには湯飲みに水張って、目の玉を漬けておくことを忘れないよぉに」医者の先生の言葉どおり、枕元の湯飲みに目玉をコロリと沈め床に着く。と、隣りの部屋で会話を聞いていた泥酔男「男前が戻った、わたい嬉しぃわ」その戻った男前がどんな男前に戻ったのか確かめたくなり、そっと襖を開け忍び込むと……
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug172.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »