« 露の五郎「女護ヶ島」 | トップページ | 笑福亭福笑「殿集め」 »

2007/05/20

桂福団治「薮入り」

【世紀末亭】5月20日定期アップ

前回5月6日定期アップの新規追加で406演目を数え、一応手持ちのネタが底を突きました(本当は五郎兵衛師匠の艶やかな噺がかなり残っていますが)。やれやれ一段落、気分的にちょっと一服です。上方落語のリストを見れば、まだまだお耳にかかってない噺がたくさんにございます、これは手に入り次第追加していくということで気長にお待ちください。

しかし、ちょっと一服とは言いながら「気分的な一服にはなっても、番号の若いファイルの手直しがあるので、作業としては一服できないな」と今さら気付き、今回も見た目はいつも通り2演目のご紹介となっています。ついでに舞台裏をバラせば、一服できない更新作業で一番厄介なのが、この作文を書くという作業なのです。

世間を騒がす新聞ネタに衣を被せるより、なるべく身の回りに起こる出来事を脚色、粉飾、大袈裟、大仰、大層、針小棒大、過大、過剰、誇張……、まぁその、ナニして書きたいと思うのですが、幸か不幸かそんなに出来事らしい出来事も起こらず、寝ました、起きました、食いました、落語聴きました、寝ました。

これでは自分に失礼ですから「今回は何をネタに?」思い悩んだ末がご覧のような作文……「な~んや、思い悩んでこれかいな」どっちにしても失礼しております。文字に書けないような異変はご免ですけど、面白おかしく作文できるような事件が身近に起こることを願いつつ、次回へ続く。たぶん。

●桂福団治「薮入り」
三年前に丁稚奉公に出した一人息子、亀ちゃんが初めての「薮入り」をもらって帰って来るという日の前夜、父親はもう嬉しくて寝つけない。当日も朝早くから起き出し、柄にもなく表の掃除をしては近所の住人と噛み合わぬ会話をし、嫁さんに細々注意をたれるうち、やがて玄関に誰やら客の丁寧な声が……
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug170.htm

●桂米朝「景清」
眼病を患い目の見えなくなった目貫(めぬき)の鏨(たがね)彫り職人定次郎は、医者がダメなら神仏にすがろうと、目に霊験あらたかな柳谷の観音さんに日参していた。その満願の日の朝、何やらうっすらと光のようなものを感じ、今日は夜通し篭って大願成就しようと観音経を唱えていると、近くで若い女の声がする。わけを聞けば同じく目の病で願をかけているところ「一緒にお願いしまひょ」と寄り添って経を唱えるうち、髪油の香りがプ~ン、肩がポ~ン、手をギュ~ッ、背中へ手をまわしド~ッと横になって……
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug171.htm

|

« 露の五郎「女護ヶ島」 | トップページ | 笑福亭福笑「殿集め」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 桂福団治「薮入り」:

« 露の五郎「女護ヶ島」 | トップページ | 笑福亭福笑「殿集め」 »