« 桂七福「大仏の目」 | トップページ | 桂雀々「鶴満寺」 »

2007/03/04

桂文我「さじ加減」

【世紀末亭】3月4日定期アップ

日常生活で「ん?」気になることがあると、すぐさまネット検索して心のモヤモヤを晴らすように心がけています。パソコンの電源が入っていない時には、忘れないうちにメモ用紙に書きつけるのですが、せっかくメモったのに検索を忘れてしまうことがたびたび……、緩んでますな。最近のメモから少しばかり拾らい出してみると。

モモコとアイコ》 これは何かというと、テレビコマーシャルに映る「アイコ(Aiko)さん」とおっしゃる歌手の顔が、どうも漫才の「ハイヒール・モモコさん」に見えて仕方がない、お二方の間に何か関係があるのでは? とか思ったしだいです。

特に血縁関係はないようですが、アイコさんも大阪のご出身だと知れ、あと十年もすれば立派なオバチャンに……、ファンの方に叱られそうです。それより、どなたも同じように思われるらしく、以前から「顔面相似形」として有名らしいことが分かりました。「ハイヒール・リンゴ・モモコ・アイコ」って言うんですと。

大嶽部屋・大鵬道場》 わたしの住まいするご近所に「二子山部屋」の春場所宿舎があり、あのゴタゴタがあってからというもの、前を通っても注意を払っていなかったところが、つい先日久し振りに大荷物を宿舎に運び込む関取さんを見かけ、何気に玄関看板を見てみると「二子山」の文字ではなく「大嶽部屋」「大鵬道場」の二枚看板が掛かっています。そこで「大嶽部屋」って?「二子山部屋」は今どうなったの?

「大嶽部屋」は元「大鵬部屋」で、大鵬親方の定年に伴い、娘婿の大嶽親方(貴闘力)が部屋を継いで「大嶽部屋」となり「大鵬道場」の看板を添えてある、ということです。大嶽親方が「二子山部屋」ご出身というのが宿舎を引き継いだ理由だったのですね。ちなみに「二子山部屋」は、今春から京都の宇治市に宿舎を移されたようです。

ニンニクの保存法》 パスタ料理や炒めものによく使うので、3個パックのニンニクを買い求めて常備しているのですが、2個目を使い切る頃になると3個目に芽が出て具合が悪い。何か良い保存法があるのでは? という真っ当な理由です。

方法は大きく3種類「1、風通しの良い日陰に吊るす」「2、冷凍または冷蔵保存」「3、油または醤油または酢に漬ける」細かいところまで分類すると、まだまだたくさんございますので興味のある方は各自お調べください。わたしは一番簡単な「そのまま丸ごと冷凍」というのを試してみることにしたいと思っています。

パスタの茹で時間》 わたし、パスタを週1ペースで食すほどの洋麺食いです。普段、マカロニタイプ、スパゲッティタイプとも徳用の1kg入り大袋を買って小分けに使っていますが、先日スーパーの特売につられて1束ずつ束ねて包装されているスパゲッティを購入してみると、束ねのバンドそれぞれに「茹で時間7分」と印刷されていました。

で、フッと思い浮かんだのが「1束7分、ということは、2束14分、4束28分……」そう考え、掛け算して実行した人はいないか? さすが「そんなやつ、居らへんで」検索しても見付け出すことはできてません。しかし、電車の中で大声でおしゃべりしてる女子大生の話題にもってこいのネタでしょ。

●桂文我「さじ加減」
家業の医者を継ぐため修行一筋に励んでいる源益さん、たったひとつの趣味は寺社巡りという堅物だった。ある日、友人と住吉っさんへお参りした帰り道、雨宿りに寄った御茶屋でお花さんと出会ったのが切っ掛けで茶屋酒の味を覚え、住吉通いの果てに家の金を持ち出し勘当されてしまう。長屋を借り受け、医者の看板を揚げ、近所の人々を親切に治療するうち評判も上がり、生活も安定して半年も経った頃、久し振りに住吉のお花を訪ねた。しかし、お花は源益と会えなくなった寂しさからブラブラ病に……
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug412.htm

●桂枝雀「軒づけ」
浄瑠璃の稽古に通いはじめた男、腕も上がらないのに発表会に出され、客からさんざん野次られてしまった。もっと上達するにはどうすればよいか? ということで、家々の軒先に立って浄瑠璃を語って歩く「軒づけ」に出ることに。紙屑屋のテンさんが弾く太棹「♪テ~ンツ・テンテ~ン」に合わせ、すさまじい素人浄瑠璃が繰り広げられた、その末に待つものは……
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug165.htm

|

« 桂七福「大仏の目」 | トップページ | 桂雀々「鶴満寺」 »

コメント

「桂文我」でヤフー検索していたらここにつきました。
すごくまめな作業ですね。
最近「さじ加減」を聞いたのですが
活字で読み直してみると
あ、そうだったのかと、ちょっと発見がありました。
面白かったです。

投稿: 中嶋修 | 2007/03/25 20:12

中嶋修さん、コメントありがとうございます。

文我師匠に身近な方から「ちょっとした発見があった」と言われると、言葉を文字に置き換えただけの、つまり糞「まじめな作業」も報われる、というものです。中嶋さんには及ばないまでも、落語が好きだって気持ち、少しは伝わってますでしょうか?

4月の太融寺の会に顔を出さなくては……

投稿: 仮隠居 | 2007/03/26 00:25

《ニンニクの保存法》 経過報告
そのまま丸ごとラップで包み冷凍保存した結果
1、芽が出るのを完全に抑えられた
2、冷凍庫から出してすぐでも、包丁で簡単にスライスできる
3、香りは生とほとんど違わない(個人の感想です)
4、冷凍庫内に匂いがこもることはない(氷への匂い移りなし)
5、薄皮が剥きにくい(時間があれば、剥いてから冷凍をお薦め)
と、思った以上の効果が出ています。

投稿: 仮隠居 | 2007/05/19 22:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 桂文我「さじ加減」:

« 桂七福「大仏の目」 | トップページ | 桂雀々「鶴満寺」 »