« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007/03/18

桂雀々「鶴満寺」

【世紀末亭】3月18日定期アップ

京の噺家・桂米二師匠が大阪で催される落語会では、番組の最後に果物の当たる抽選会がおまけとして付き、通称「果物抽選落語会」とか、単に「果物の会」と呼ばれています。わたし、どういう回り合わせなのか不思議なくらい良く当てていただき、先週も「さちのか」イチゴをいただいて帰りました。

2年以前にも、この「果物の会」でパイナップルが当たって、本体を美味しく頂戴したあとに残った葉っぱ「クラウン」を挿し木で観葉植物に仕立てた話を書き込んでおりますが、そのパイナップルの鉢植えが立派に成長し、現物実測80センチを優に超えるほど大きくなっています。

「もし、実が成るとすれば2年目以降」と聞いているので、今年の夏あたり収穫があるかも……、いえ、室内で育てているので、それはないと思います。しかし毎日、緑の葉姿で目を楽しませてもらっていますから、子パイナップルなんか生まれなくても幸せ、幸せ。

幸せつながりで、パイナップルの鉢の隣りには「幸福の木」が邪魔なぐらい大きくなってしまいました。幸福の木の正式名称は「ドラセナ・マッサンゲアナ」といい、ハワイではこの植物を庭に植えると幸せになると言われています。と、これは今ネットで検索して初めて知りました。

この「ドラセナ・マッサンゲアナ」は……、長いのでやっぱり「幸福の木」でいきましょう。この「幸福の木」は、わたしが30代半ばの頃に手に入れて20年以上生活を共にしています。当初50センチほどの大きさだったのが今は250センチを越えて、もうすぐ天井に届くほどの巨大な鉢植えに成長しました。

これだけ大きく育て上げたからにはたっぷりと「幸福」が訪れていてもおかしくないはずなのに、現在そんなにも幸福な気がしない。いやいや、幸福に感じていないだけで幸福なのかも。いやいや、いたって普通に幸福だ。いやいや、考え方によっては幸福でないかも……、見る方向でどうにでも感じてしまえる。

ただですね、この巨大に成長した「幸福の木」をもし枯らせてしまうようなことがあったなら、巨大な不幸の訪れは間違いない、との恐れが日増しに強まってきて……、こんなもん育てるんやなかった。

●桂雀々「鶴満寺」
「陽気も良ぉなったんでひとつ花見でも」芸者、舞妓、太鼓持ちを引き連れ、今年も枝垂桜の名所「鶴満寺(かくまんじ)」を訪ねた船場の旦那一行。寺の前まで来てみると門は閉じられ、中はヒッソリと静まり返って人の気配がない。寺男にわけを尋ねると「今年から静かに歌を詠む客は歓迎するが、酒を呑んで騒ぐ花見客はお断り」なのだという。そこで寺男に百文を握らせ中に入り、もう一朱握らせ酒を呑み、寺男にも酒を勧めると、呑みよった呑みよった。すっかり酔いつぶれて桜の根元で寝入ってしまった寺男が、外出から帰ったお住持に起こされ目を覚ますと……
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug413.htm

●桂ざこば「遊山船」
行水でサッパリと汗を流し、糊の効いた浴衣に着替えて大川端へ夕涼みに出かけるのが、大阪庶民のささやかな暑気ばらいであった頃、毎度おなじみ気心の知れた喜六・清八の二人連れも同様、難波橋へ出かけていた。川面を見ると、こちらは生活にゆとりのある人々が屋形船を浮かべて涼をとっている。橋の上から贅沢な遊びをネタに、相手になったりビックリしたり、ボケたり突っ込んだりしていると、やがてイカリ模様の揃いの浴衣でビシッと決めた、稽古屋連中の船が賑やかにやって来た……
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug166.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/04

桂文我「さじ加減」

【世紀末亭】3月4日定期アップ

日常生活で「ん?」気になることがあると、すぐさまネット検索して心のモヤモヤを晴らすように心がけています。パソコンの電源が入っていない時には、忘れないうちにメモ用紙に書きつけるのですが、せっかくメモったのに検索を忘れてしまうことがたびたび……、緩んでますな。最近のメモから少しばかり拾らい出してみると。

モモコとアイコ》 これは何かというと、テレビコマーシャルに映る「アイコ(Aiko)さん」とおっしゃる歌手の顔が、どうも漫才の「ハイヒール・モモコさん」に見えて仕方がない、お二方の間に何か関係があるのでは? とか思ったしだいです。

特に血縁関係はないようですが、アイコさんも大阪のご出身だと知れ、あと十年もすれば立派なオバチャンに……、ファンの方に叱られそうです。それより、どなたも同じように思われるらしく、以前から「顔面相似形」として有名らしいことが分かりました。「ハイヒール・リンゴ・モモコ・アイコ」って言うんですと。

大嶽部屋・大鵬道場》 わたしの住まいするご近所に「二子山部屋」の春場所宿舎があり、あのゴタゴタがあってからというもの、前を通っても注意を払っていなかったところが、つい先日久し振りに大荷物を宿舎に運び込む関取さんを見かけ、何気に玄関看板を見てみると「二子山」の文字ではなく「大嶽部屋」「大鵬道場」の二枚看板が掛かっています。そこで「大嶽部屋」って?「二子山部屋」は今どうなったの?

「大嶽部屋」は元「大鵬部屋」で、大鵬親方の定年に伴い、娘婿の大嶽親方(貴闘力)が部屋を継いで「大嶽部屋」となり「大鵬道場」の看板を添えてある、ということです。大嶽親方が「二子山部屋」ご出身というのが宿舎を引き継いだ理由だったのですね。ちなみに「二子山部屋」は、今春から京都の宇治市に宿舎を移されたようです。

ニンニクの保存法》 パスタ料理や炒めものによく使うので、3個パックのニンニクを買い求めて常備しているのですが、2個目を使い切る頃になると3個目に芽が出て具合が悪い。何か良い保存法があるのでは? という真っ当な理由です。

方法は大きく3種類「1、風通しの良い日陰に吊るす」「2、冷凍または冷蔵保存」「3、油または醤油または酢に漬ける」細かいところまで分類すると、まだまだたくさんございますので興味のある方は各自お調べください。わたしは一番簡単な「そのまま丸ごと冷凍」というのを試してみることにしたいと思っています。

パスタの茹で時間》 わたし、パスタを週1ペースで食すほどの洋麺食いです。普段、マカロニタイプ、スパゲッティタイプとも徳用の1kg入り大袋を買って小分けに使っていますが、先日スーパーの特売につられて1束ずつ束ねて包装されているスパゲッティを購入してみると、束ねのバンドそれぞれに「茹で時間7分」と印刷されていました。

で、フッと思い浮かんだのが「1束7分、ということは、2束14分、4束28分……」そう考え、掛け算して実行した人はいないか? さすが「そんなやつ、居らへんで」検索しても見付け出すことはできてません。しかし、電車の中で大声でおしゃべりしてる女子大生の話題にもってこいのネタでしょ。

●桂文我「さじ加減」
家業の医者を継ぐため修行一筋に励んでいる源益さん、たったひとつの趣味は寺社巡りという堅物だった。ある日、友人と住吉っさんへお参りした帰り道、雨宿りに寄った御茶屋でお花さんと出会ったのが切っ掛けで茶屋酒の味を覚え、住吉通いの果てに家の金を持ち出し勘当されてしまう。長屋を借り受け、医者の看板を揚げ、近所の人々を親切に治療するうち評判も上がり、生活も安定して半年も経った頃、久し振りに住吉のお花を訪ねた。しかし、お花は源益と会えなくなった寂しさからブラブラ病に……
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug412.htm

●桂枝雀「軒づけ」
浄瑠璃の稽古に通いはじめた男、腕も上がらないのに発表会に出され、客からさんざん野次られてしまった。もっと上達するにはどうすればよいか? ということで、家々の軒先に立って浄瑠璃を語って歩く「軒づけ」に出ることに。紙屑屋のテンさんが弾く太棹「♪テ~ンツ・テンテ~ン」に合わせ、すさまじい素人浄瑠璃が繰り広げられた、その末に待つものは……
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug165.htm

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »