« 桂都丸「時の氏神」 | トップページ | 桂文我「さじ加減」 »

2007/02/18

桂七福「大仏の目」

【世紀末亭】2月18日定期アップ

我が家では暖房をガスストーブに頼っている関係上、請求書を見ればその冬の寒さの程度が知れます。さらに科学する心でメーターを定時観察すれば、寒波襲来の時期まで見事に数値に現れる様子が見られ、また、風呂の湯張り時間を計れば、短期的な寒暖の周期とは違い、グローバルな季節の移ろいまで知れてしまうから、これまた面白いものです。

前者は気温の変化により、後者は地中と建物の温度変化(水道水温の変化)により増減し、それぞれ寒さの指標として数値で現れます。気温については三寒四温の例えどおり、大陸からの寒気団流入によりすぐ上下しますが、地中温度・建物温度は急な気温変化に影響を受けにくく、ほぼ安定した変化を示してくれます。

ここで風呂の湯張り時間に注目すると、例年なら11月18分、12月20分、1月22分、2月25分と、今ごろピークを迎えるはずが、今年は1月下旬の22分を最高に横ばいが続いて、昨日減少に転じました。ということは、たぶんもう地中温度が下がることはないであろうと推測できるわけであります。

世間が言うように「今年は暖冬だなぁ」が証明されるわけであります。っていうか、そんなまどろっこしいことせんでも、梅の花はもう見頃やっちゅうねん。

●桂七福「大仏の目」
遠い遠い昔、奈良・東大寺の盧舎那仏坐像、俗に言う「大仏っつぁん」の目が内ら側へ落ち込んでしまったことがあったという。ちなみに原因は伝えられていないし、ここではそのことは問題にしない。問題は落ち込んだ目をどのように修理・回復させるかということにあった。寺側の試算によれば費用、日数ともに莫大な数値が出ていたが、ここにひと組の親子が登場し見事な解決をみる。その方法とは……?
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug411.htm

●桂ざこば「桃太郎」
締め付ければ萎縮してしまうし、緩めれば増長する、昔も今も子どもの躾には難しいものがある。ここに健ちゃんという息子を寝かし付けようと、添い寝に「桃太郎」の昔話を語りはじめたお父さん「昔むかしあるところに」と語ると「時代は? 場所は?」「お爺さんとお婆さんが」と言うと「名前は? 年齢は?」ことごとく茶々を入れられ、挙句「童話桃太郎に関する一考察」の講義を聞かされる羽目に。その解釈とは……?
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug164.htm

|

« 桂都丸「時の氏神」 | トップページ | 桂文我「さじ加減」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 桂七福「大仏の目」:

« 桂都丸「時の氏神」 | トップページ | 桂文我「さじ加減」 »