« 桂文珍「御神酒徳利」 | トップページ | 笑福亭松鶴(六代目)「近所付合い」 »

2006/10/22

桂雀三郎「帰り俥」

【世紀末亭】10月22日定期アップ

♪コンコン・チキチンチキチンチキチン・コンコン・チキチンチキチンチキチン……、ご近所の秋祭り「地車(だんじり)」が練り歩いています。大阪の地車ばやしは、文字で書くと京都の「コンコン・チキチン・コン・チキチン」と似てはいるものの全く別物、片や躍動的、片や詩情的。

ゆっくりと引き回している時の「曳航」はこんな感じです↓
http://homepage3.nifty.com/rakugo/danjiri.mid

花代をいただいた家・商店の前まで来ると一旦停止して、囃子方の腕だめしとばかりに超急テンポで一節演奏。これが基本の形に地域色、演者色、プラスその場の即興を加えた独特のもので、今年の演者さんはなかなか手がお上手なようです。

ひとしきり演奏が終わると手〆「打ち~まひょ、ド~ンドン、もひとつせ、ド~ンドン、祝ぉ~て三度、ドド~ンドン」1セット終わると、次のポイントまでシズシズ曳航してお囃子が徐々に小さく消えていく。そして、遠くの方でかすかに「打ち~まひょ、ド~ンドン、もひとつせ……」

いつだったかテレビ番組で観た文楽「夏祭浪花鑑・長町裏の段」舅殺しの陰惨な場面で、団七が脇差を振りかざし泥沼の中追い掛け回すそのバックに、遠く近く♪コンコン・チキチンチキチンチキチン・コンコン・チキチンチキチンチキチン……、陽気と陰惨の対比効果っていうんでしょうか、サブイボが立つ思いでした。これはやっぱり京都の「コンコン・チキチン・コン・チキチン」では上品すぎて似合いません。

●桂雀三郎「帰り俥」(原作・小佐田定雄氏)
待っても待っても人っ子ひとり通らない。こんな夜は早めに切り上げて高津新地(こうづじんち)の自宅へ帰ろうと俥を引き出したその時、慌てた風の男が俥屋を呼び止めた「店の客に婚礼祝いの菓子と葬礼饅頭を取り違えて渡した。あとを追って上町まで頼む」と、上町に着くと客は既に北浜へ向かったという「上町から北浜を回って帰ったと思って、北浜まで」北浜に着くと客は既に大阪駅に「北浜から梅田を回って……」と、汽車は既に発車したあと「梅田から伏見を回って……」と「伏見から園部を……」と「園部から……」帰り俥はどこへ帰る?
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug403.htm

●桂雀々「蝦蟇の油」
「さぁさ、ご用とお急ぎでないお方はゆっくりと聞ぃてらっしゃい。夜目遠目笠の内、物の文目(あやめ)が分からん。山寺の鐘はゴォゴォと鳴るといえども、童子一人(いちにん)来たりて鐘に撞木を当てざれば、鐘が鳴るやら撞木が鳴るやら、とんとその音色が分からぬ道理じゃ。わしの口上も、聞ぃてもらわぬと何のことかさっぱり分からぬ道理じゃ」ご存じ大道商売、蝦蟇の油売りの啖呵売風景。
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug156.htm

|

« 桂文珍「御神酒徳利」 | トップページ | 笑福亭松鶴(六代目)「近所付合い」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 桂雀三郎「帰り俥」:

« 桂文珍「御神酒徳利」 | トップページ | 笑福亭松鶴(六代目)「近所付合い」 »