« 桂七福「粗忽長屋」 | トップページ | 笑福亭仁勇「猫の皿」 »

2006/08/20

笑福亭生喬「応挙の幽霊」

【世紀末亭】8月20日定期アップ

8月下旬に突入し、今年もすでに3分の2が過ぎ去ろうとしています。本年只今現在までの落語会参加回数34回、今月あと2つ予定しているので36回÷8か月=4.5回/月、ということは週1回ペース、なかなか上品に通えるようになりました。

一時期、年間106回を数えた落語会通いの、そのあまりの下品さに我ながら「これはいかん」とセーブを決めたものの、麻薬のような依存症状が出て初年度93回、2年度71回、3年目にしてようやく思い描いていた理想的落語鑑賞体制が整いつつあるようです。

聴く態度にもよるのでしょうが、気合を入れて落語を聴くと頭はもちろん、目、耳、足、腰、全身に負担がかかり、連日に近い状態では慢性的な消化不良に陥って「さて今月、どんな会に参加したのだったか? どなたの、何という噺を聴いたのか?」刹那にその時さえ楽しめれば良いとはいうものの、もったいない。

インターバルに余裕をとることで体調は万全、精神的にも「行きたい、聴きたい」の欲求が起こり、一つひとつの会の印象がクッキリ、噺もしっかり咀嚼でき、じっくり味わえる。反面、行きたい会が微妙に接近、重なっての二者択一がちょっと悔しい。わたしの都合に合わせ開く会やないでしょうから、そこは我慢するしかありません、お上品な落語鑑賞は難しいですわ。

●笑福亭生喬「応挙の幽霊」
五円で手に入れた掛け軸「応挙の幽霊図」を客の言い値九十円で売って大儲けした道具屋、商いの祝いに鰻を肴に一杯呑むことにした。こんなボロイ商売ができたのも幽霊の掛け軸のお陰とばかり酒と肴を供えて呑むうち、どこからともなく女が訪ねて来た。聞けば、酒の呑み過ぎが元で体を壊し臥せっているところを、幽霊モデルとして応挙が描いたその本人だという。見れば掛け軸の中は真っ白、ということは本物の「応挙の幽霊図」であったのか、それなら九十円では安すぎる……
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug399.htm

●桂春若「有馬小便」
仕事にあぶれブラブラしている男が知り合いを訪ねる、と仕事のアイデアを出してくれた。節を抜いた竹竿と小便担桶(しょうべんたんご)を手に戦後復興を始めたばかりの有馬の温泉街へ行って、二階から小便をさせて金をとる、溜まった小便をお百姓に売れば二重に儲かる。というのだが、さっそく道具を持って出かけるとすぐに客が現われてジョンジョロリン、ジョンジョロリンの十六円。もっと稼ごうと回るうち……
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug152.htm

|

« 桂七福「粗忽長屋」 | トップページ | 笑福亭仁勇「猫の皿」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 笑福亭生喬「応挙の幽霊」:

« 桂七福「粗忽長屋」 | トップページ | 笑福亭仁勇「猫の皿」 »