« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006/07/16

桂南天「口合あんま」

【世紀末亭】7月16日定期アップ

竣工した当時は世間もうらやむ最新式鉄筋コンクリート住宅だったらしい我が住まいも、年月を重ねるうちにあちこち時代の流れに取り残され旧式となり、某ソフトメーカー基本OSがパッチを当てまくっているのと同様、不具合のその都度改修・改善の手を入れながら騙しだまし凌いできています。

屋根や外壁防水営繕工事はあらかじめ決められたスケジュールに沿って数年毎定期的に行われますが、シャワー設備の普及に伴う水道供給圧力増強、近隣高層マンション建築に伴う共聴ケーブルテレビ導入、上下水道配管劣化に伴う付け替えなど、改善工事はそうたびたびあるものではありません。

今回、その臨時の改善工事、マックス25アンペアだった電力供給量を40アンペアに増強する工事が行われ、2日に分けて停電を伴う切り替え作業がありました。1回目は7月5日の午後1~4時までの3時間、2回目は7月12日午後1時半~3時半までの2時間。

5日は気温もさほど上がらず、エアコンを切って窓を開け放つと風が通り抜けて問題なし、12日も直前までギンギンに冷やしておいて余冷で何とかセーフ、エアコンのありがたさを再確認させていただいた二日間でした。

技術力優秀な日本の電力供給会社は日頃滅多に停電を起こしません。ひと昔前でも年に1回有るか無いか、ここ数年、停電した記憶が無いほど電気が無い生活とは無縁でした。時刻・時間予告のうえ、ゆや承知のうえの停電なのに、いざ電気が無くなってしまうと日常生活の何気ない部分で小さな混乱が起こりますね。

音楽を聴こうとポータブルMDを取り出して充電していなかったことに気付く、ラジカセのスイッチを入れかけては、コンセントから引いているのを思い出す、電池を探すと数が足らないことに気が付く。ここはもう黙って雑誌でも読んで時間が過ぎるのを待ちました。

工事が済んでのち、まだ混乱は納まりません、タイマー機能付きの時刻表示窓は手強かった。なかにはメモリーが効いて何事もなかったように時を刻んでるのがあるものの、チカチカチカチカ早く時刻合わせしてくれとせがむものがほとんどで、目覚まし時計、卓上時計、アンプのタイマー、ビデオカセット、電子レンジに炊飯器、一つひとつそれぞれの流儀で基準の時計に合わせてピッピッピッピッピッピッピッピッ……、それを2セット、ピッピッピッピッピッピッピッピッ……

これを記している今、その基準の時計がかなり進んでたことを発見したけど、もぉえぇわ。

●桂南天「口合あんま」
表を通る子連れ座頭の按摩さんを呼び込んだ大旦那、さっそく揉んでもらうと揉む合間あいま、かけた言葉に口合いで応答してくる。面白がって揉ますうち、外で待たせていた按摩の子どもが橙(だいだい)を一つ盗み取ったと、向かいの八百屋が耳打ちに入って来た。せがれにわけを問いただすと「死んだ母親の仏前に供えるため」だという……
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug397.htm

●桂枝雀「三十石」
伊勢参宮の下向、大津を出発して京を見物し、伏見へ出て淀川を三十石舟の夜船で大阪八軒家まで下ることになる。上方落語の大作「東の旅」の最終章、伏見人形屋の店先、船宿での船待ち、三十石に乗り込み船出までを旅情豊かに語り紡ぐ珠玉の逸品。
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug150.htm

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2006/07/02

笑福亭松之助「死神」

【世紀末亭】7月2日定期アップ

学卒で入社試験を受けたとき、2ケタの数字を延々足し算していく適性検査を受けた経験があります。採用内定をいただいたので結果は悪くなかったと解釈しています。今、そのテストをやって合格点を取れるか? それは恐くてやれません。が、最近そんな恐い適性検査にも似た脳トレーニング・ゲーム機が巷で流行っていると聞きました。

テレビのコマーシャルで松嶋菜々子ちゃんが「56歳?」とかやってる、脳年齢が表示されるあのゲーム機。研究者というか監修者の弁によれば、ゲームを繰り返すことで脳を活性化して鍛えることができるんですと。最近テレビに登場する芸能人の名前が覚えられないわたしも、本気で活性化に取り組まなければ。

そこでさっそく問題です。1+1=、10+10=、11+10=、11+11=、答えはそれぞれ10、100、101、110。

これは10進数ではなく2進数の計算。2進数だと分かっても計算するとなると、2進を10進に変換して計算して再変換とか、数列をイメージ化して脳の黒板で計算とか、日頃使わない脳の部分が刺激を受けてトレーニング効果ありそうな気がします。

でもって脳トレに努力して脳年齢が若返ったとして、脳年齢は若ければ若いほどいいのか? 50代のわたしの脳年齢が10代並みだったら、これはちょっと悲しい、まだ60代の方がましだと思うのであります。知識と脳の活力とは別のもの、また統合力も別のもの、くれぐれもゲーム脳にお気を付けください。

●笑福亭松之助「死神」
病で寝込んだ嫁さんに代わり、夕食の買い物に出た源助は道で大きな玉を拾った。と、目の前に死神が現われ「俺の玉を返せ、代わりこの古い玉をやる」わけが分からず受け取ると「拾ってくれた礼に金儲けを教えてやる」その金儲けとは「玉を持っていると死神の姿が見える、病人の枕元にいる時は手遅れだが、足元にいる時に『アジャラカモクレン、テケレッツのパッ』とマジナイを唱えると助かる」というのだ。教えられたとおり病人を助けるうち、死神が居眠った瞬間布団を回転させ、手遅れの枕元をマジナイの効く足元に摺り替える妙案を考え出したのだが……
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug396.htm

●月亭八方「口合小町」
浮気が元で仲たがいをしている夫婦を訪ねた甚兵衛さんは、茶屋通いする亭主を家に引き止める方法を考えた。井筒姫の「風吹かば、沖つ白波龍田山、夜わにゃひとり君が越ゆらん」の歌と、小野小町の「ことわりや、日の本ならば照りもせめ、さりとてはまた天(あめ)が下とわ」の歌を例に、歌の理で亭主を引き付けろと諭すが、歌なんか詠めるはずもない。珍妙な遣り取りの中、このお上さんに「口合い=ダジャレ」の素養があるのを発見し、口合いで収拾を図らせることになるのだが……
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug149.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »