« 笑福亭生喬「野ざらし」 | トップページ | 笑福亭松之助「死神」 »

2006/06/18

桂福団治「ねずみ穴」

【世紀末亭】6月18日定期アップ

子どもが生まれてまず最初にしなければならない社会的作業が命名です。健康、叡智、富、その他もろもろ、精一杯の希望を込めて、我が子と他人を差別化するための符合を付けます。聴こえる音の響き、文字の意味するところを複合し、なおかつ姓名判断など使って検証し付けられたものが、わたしの名前であることを深く味わいましょう。ちなみに、2004年命名ランキングトップは男の子文字部門「蓮」読み部門「ゆうき」、女の子文字部門「さくら」読み部門「ももか」だったそうです。

流行りドラマの登場人物に誘発され数秒で付けられた名前であろうが、お爺ちゃんお婆ちゃん親類縁者巻き込んで長考の末に付けられた名前であろうが、一旦付けられた名前はそれ自身自己主張を始めるかもしれないことを知っておいても損はないでしょう。なんせ名前は生身の体と共に空間を移動しなくても伝わるし、時間・距離を超越するパワーを持っています。本体が死滅してのちもずっと生き残っていく可能性だってありますもん。

でも過ぎた心配は無用です、そんな力を秘めた名前ではありますけど、名前が一人歩きするにはそれなりの弾みで押し出してやる必要があります。多くの「あなた」や「わたし」の場合は名前に弾みを付けるほどの悪行も功績もないのが普通です。ですから「こうあれかし」との願いで付けれらた名前を道連れに、平穏な生活で日々を過ごすのが一般的なはずです。

スタートすると同時に「先付け」で名前をもらい、その名で物語を創り上げていくのが人名とすれば、落語の演題は「あと付け」と言えるでしょう。寄席で噺がダブらないように、楽屋帖にメモした略称がいつのまにか表に出て演題となったと聞いています。とりあえず楽屋内で噺が特定できれば問題なかったものが、その落ち噺が世間一般に広まり、略称を固有名詞として使うようになって「演題」となったのです。今でも「立ち切れ線香」「立ちきれ」「たちきれ」「立ち切り」と、演者のさまざまな思い入れで書き分けられるのがその名残です。

楽屋での略称から生まれたという経緯からか「下げが知れてしまう」とか「内容と対応しない」「安直である」など、聞き手から見ると不適当な演題も少なくありません。しかしながら、長い歴史を重ねて古典と呼ばれるようになった噺は内容も演題もほぼ固定され、演題は内容と一体となり命が吹きこまれ、それ自体に重みがあるようなのです。わたしなんか「たちきれ」「百年目」「らくだ」「地獄八景亡者戯」「菊江佛壇」の演題を聞くだけで、ちょっと身構える気持ちが起こってしまいます。

“My one and only love”“Sophisticated lady”“Body and soul”こちらは曲名を聞くだけでメロディが浮かぶジャズスタンダード曲ですが、これらを直訳すると「わたしの唯一の恋」「洗練された淑女」「身体と精神」となってどうもしっくりこない、やっぱり原題そのものが作品と一体になってます。

●桂福団治「ねずみ穴」
父親の死後、田畑を弟に譲って大阪に出た兄は成功し、南久太郎町で大店を営んでいた。弟は酒・博打で身を持ち崩し、働かせてくれと兄を訪ねるが「人の下で働くのはつまらないこと、この金で商売を始めろ」と渡された金を確かめるとたったの三文。「ちくしょ~、馬鹿にしやがって」悔しさが支えとなって、十年経った今では天満今井町に間口が六間半、蔵が三戸前(みとまえ)の質屋の主となり、恥辱の三文を返しに兄を訪ねる。が、三文渡して追い返したのは兄の高邁な計略だったと知れ、成功のねぎらいと祝いの宴でもてなされ兄の家に泊まったその夜、天満で火事が起こり駆けつけると、ネズミの穴から火が回った三戸前の蔵は焼け落ち、また無一文に。兄に再出発の元手を申し出るが……
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug395.htm

●桂南光「五貫裁き」
酒・博打に溺れ、大きな八百屋店を潰してしまった作次郎、今では居候同然に家主の世話になっている。心を入れ替えもう一度「八百善」を再建しようと家主に相談すると「町内を回り寄進を募って元手にしろ」と知恵を受ける。奉加帖を手に以前父親が融通した質屋「徳力屋」を訪ねるとビタ銭一文と嫌味で迎えられ、切れた作次郎は庭に銭を叩き付け殴りかかるが、逆にキセルで眉間を割られて帰って来た。考えを巡らせた家主は奉行所に訴え出て、裁きを付けてもらうよう進言する。やがて裁きの日「天下通用のお宝を投げつけた罪により、銭五貫文の科料を申し付ける」意外な結末に慌てる作次郎だったが、もっと意外だったのがその罰金の納付方法だった……
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug147.htm

|

« 笑福亭生喬「野ざらし」 | トップページ | 笑福亭松之助「死神」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 桂福団治「ねずみ穴」:

« 笑福亭生喬「野ざらし」 | トップページ | 笑福亭松之助「死神」 »