« 笑福亭三喬「首の仕替え」 | トップページ | 笑福亭鶴志「らくだ(長尺版)」 »

2005/11/20

桂文鹿「錦の袈裟」

【世紀末亭】11月20日定期アップ

買い物をする時には「事前にリストアップしたものしか買わない」という融通の利かない生活態度を貫いているつもりでも、つい出来心でリストにないものを買ってしまうことがあります。

例えばそれが日常消費するものでなおかつ、たまたま販売促進強化のために安かった、とかなら許されもしますが「なぜ、こんなものを買ったのか?」説明できそうで、できないもののひとつ、それが3袋入りのうち1袋使用しただけで期限切れを迎え、けどもったいなくて捨てられないドライ・イースト菌です。

確かスーパーの閉店売り尽くしセール、持ってけ泥棒均一百円のワゴンで見付けて「あッ、パンでも焼こうか」と安易な乗りで買ってしまったものでした。1袋6グラム、この6グラムのイーストを使用してパンを焼くには小麦粉が3カップ必要です。ほかにも色々こまごまと必要らしいのですけど、素パンを焼くだけなら小麦粉とイースト菌と水・砂糖、それにバター・塩があれば十分だろうと実験してみました。

説明書に従って、混合、攪拌、こね、1次醗酵、ガス抜き、整形、2次醗酵、焼き上げ。簡単とゆや簡単なようで、それでもやっぱり熱湯注いでフタして3分というわけにもいかず、昼時からかかって出来上がりは3時過ぎ、って時間かかりすぎやん。

ご自分でパンを焼かれた方ならご存じでしょうが、カップ3杯の小麦粉から出来上がるパンの量、大きさは何とちょっと大き目のメロンパン程度の、間違っても食パン1斤にはほど遠いしょぼい量です。これだけのものを作るために3時間以上ですか……、材料費を合算してみると、出来合いを買った方がずいぶんお得なような……、その代わり手作りの味の方は、手作りの……、余ったイースト菌はその後一度も使われずに品質保持期限を越えてます。

●桂文鹿「錦の袈裟」
隣り町の若い連中が松島へ繰り込み、緋縮緬(ひぢりめん)の長襦袢(ながじゅばん)の引き抜きで総踊りという遊びの末に、自分たちのことをボロクソにけなして帰ったと聞いた町内の若い連中、何かギャフンと言わす手はないか考えた。呉服屋の伊勢屋の番頭が持って来てくれた錦のハギレがあるのを幸い、フンドシに締めて揃いの錦のフンドシで乗り込もうと相談がまとまるが……
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug381.htm

●桂む雀「おごろもち盗人」
昼のうちに客を装って訪問し、閂(かんぬき)、掛け金の位置を覚えておき、夜になって地面を掘って穴を開け、手を伸ばして外して押し入る泥棒を、モグラの浪花言葉「おごろもち」にかけて「おごろもち盗人」と呼んだ。今しもひとりのおごろもち盗人が地面を掘り、穴から手を伸ばしたところ……
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug133.htm

|

« 笑福亭三喬「首の仕替え」 | トップページ | 笑福亭鶴志「らくだ(長尺版)」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 桂文鹿「錦の袈裟」:

« 笑福亭三喬「首の仕替え」 | トップページ | 笑福亭鶴志「らくだ(長尺版)」 »