« 笑福亭鶴志「居候講釈」 | トップページ | 笑福亭鶴光「木津の勘助」 »

2005/10/02

笑福亭三喬「転宅」

【世紀末亭】10月2日定期アップ

法律に明るいわけではないので、単なる茶飲み話と断っておきます。某国民放送局の職員が裏金を溜め込んで私的に使っていたことが明るみに出て以来、抗議の意思を持って受信料を払わない国民が増えているそうでして、2005年9月現在、契約をしていない、あるいは契約しているが不払いの合計は国民3人に1人にものぼるそうです。

これではこの先、経営が成り立たなくなる恐れがあると考えた某国民放送局は「体質改善・経営努力はいたします。が、支払っていただかなければ法的手段に訴え、裁判所から支払命令書を送ります」と、最後の切り札とも思える罰則というか、脅しをちらつかせ逆切れしてしまいました。

ということは「今まで支払わなかったことで罰を受けた人はなかったのか」初めて知ったのです。普通、滞納率3割になるまで放っておく民間企業なんてないやろ。なるほどねぇ、それでも十分やっていけるだけの収入があったってことやねぇ、さすが某国民放送局、建物と同じで余裕の大きさ。

仕組みがオモロ気なのでちょっとばかり調べてみると、☆テレビを設置したら契約意思の有無を問わず、契約内容の諾否を問わず、某国民放送局と受信契約を結ばなければならない☆受信契約を結んだが最期、受信料支払いの義務が生じる。これが大きな2本柱のようですね。今は罰則がないので不払いでも何らお咎めはないけど、これからは罰則を設けますよということらしいです。

ところがこの罰則「受信契約していて」支払いが滞っている「未払い」に対する罰で、同じく支払っていない未契約者は「未払い」ではなく罰は及ばないみたいなのです。つまりやねぇ、未契約者はまず契約者にならないことには受信料を支払うことができず、そのうえ、どの時点で契約するとは決められてないし、無契約の罰もないみたい、ケッタイななぁ。

なぜに、2段構えなのか? これは放送法が憲法違反に該当するかもしれないという、深い深いわけに突き当たってしまうのですが、根気もやる気も興味も尽きたので、あとは各自調べてみてください。

●笑福亭三喬「転宅」
旦那を表通りまで見送りに出たお手掛けさんの家に目を付け、頼んない盗人が上がり込んだ。残っていた酒肴に気を取られているうちに、帰って来たお手掛けさんとバッタリ。機転の利くお手掛けさん「実はわたしも元泥棒、そろそろ旦那と手を切って元の商売に戻ろうと思っている。ついては、同商売の亭主を持ちたい」と、言葉巧みに夫婦約束をし「明日、改めて来てくれ」と帰したのだが……
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug378.htm

●桂米朝「いもりの黒焼き」
隣町の米屋の娘に岡惚れした喜六、いつものように甚兵衛さんに相談に行くと「本物のイモリの黒焼なら、惚れ薬として効き目がある」と教えられた。さっそく高津の黒焼屋で本物のイモリの黒焼を手に入れ、米屋の店先に立つと出て来た娘に……、振りかけるつもりが、サ〜ッと風が吹いて来て積んであった米俵にかかってしまう。と、米俵がゴトゴト、ゴトゴトゴト、ゴトン。その男の方へヒョッコ、ヒョッコ、ヒョッコ、ヒョッコ……
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug128.htm

|

« 笑福亭鶴志「居候講釈」 | トップページ | 笑福亭鶴光「木津の勘助」 »

コメント

NHKに火がつくかも知れませんよ
http://blog.livedoor.jp/march_for_koala/archives/50407239.html

投稿: NHKは友達 | 2006/04/21 01:49

>NHKは友達さん
わッ、すごい内容ですなぁ。創作か、捏造か、真実か、あるいは脚色か、知る由もありませんけど、読み応えあるのでコメント削除せずにおきます。

こちら「上方落語へのいざない」を標榜するブログですので、できれば「落ち・さげ」のある話題だと、よりありがたいのですが……、強いて言うなら「NHKが落ちるところまで落ちる?」ってことでしょうかね。

投稿: 仮隠居 | 2006/04/21 15:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 笑福亭三喬「転宅」:

« 笑福亭鶴志「居候講釈」 | トップページ | 笑福亭鶴光「木津の勘助」 »