« 林家染丸(三代目)「お文さん」 | トップページ | 笑福亭三喬「転宅」 »

2005/09/18

笑福亭鶴志「居候講釈」

【世紀末亭】9月18日定期アップ

生の高座に通い出して3年余り、あちらこちらの寄席に足を運ばせてもらい、最近ようやく会それぞれの色というか匂いというか、雰囲気を感じ取ることができるようになりました。

若い人の比率が高い会、逆の会、男ばかりが目立つ会、女性の多い会、別嬪さんが目立つ会、そうではない会。場所と演者との兼ね合いで、こんなに違うものかというぐらい個性が現れます。ですから、初めてお邪魔する会は内容への期待と同じぐらいに「会の雰囲気」にも興味が湧くのです。

今回ご紹介する「居候講釈」の笑福亭鶴志さんがトリを務められる「ゆとりーと寄席」は、わたしの地元で開かれている地域寄席で、毎月ほぼ同じ顔が客席に並ぶ、良く言えばアットホーム、夕食後のリビングのようなほとんど緊張感のないドロ〜ンとした空気が特徴。と言うと叱られそうですが、それでも鶴志さんが登場するとビシッと気が張るのは人柄ですかね。

顔が怖いとか、体が大きいとか、声がガラゴロだとか、おまけに言葉使いが荒っぽいとか、そのせいで場が引き締まるのかというとそうではなく、歯に衣着せぬ言葉の中に本心が見える。見た目、言葉と裏腹に何ともいえない優しさが、聞く人の耳をして吸引、引っ張り、引きつけ、鶴志さんの個性がそうさせるのかも。

歩いて十数分、料金もワンコイン、毎月欠かさず通えばよいものを、このところしばらくご無沙汰しています。実は有線テレビの番組「市民劇場」として放映されるので、会場に足を運ばなくてもリビングで楽しめてしまえるからなのです。1、2か月遅れで番組が放映されると、わたしと思われる後頭部が写っていてハッとするのですが、どうしてハッとしなければならないのか、その理由は説明したくない。

●笑福亭鶴志「居候講釈」
昼前にやっと起きてきたグウタラ居候は、恩人の息子で無理に追い出すわけにはいかない。この居候をめぐって喧嘩して、今さっき飛び出した女房の愚痴話を聞かせるうち、何とこの男、講釈の特技を持っていることが知れる。それなら横町の空家で講釈場を開けば稼げるはずと、ためしに今夜講釈の会を開くことになるが……
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug377.htm

●桂米朝「百人坊主」
伊勢参りに向かう三十石の船中、皆の寝酒を無断で呑み尽くしてしまったフカの源太は、酔っ払って眠り込んでいるあいだに頭をすっくり剃られてしまった。このままでは腹の虫が納まらない、考えをめぐらせ「坊主で伊勢参りはできん」と、ひとり村へ帰り「琵琶湖の竹生島見物の途中嵐に合い皆溺死した。自分だけ助かって、この通り頭を丸めて帰った」と語り始める……
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug127.htm

|

« 林家染丸(三代目)「お文さん」 | トップページ | 笑福亭三喬「転宅」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 笑福亭鶴志「居候講釈」:

« 林家染丸(三代目)「お文さん」 | トップページ | 笑福亭三喬「転宅」 »