« 笑福亭鶴志「手切れ丁稚」 | トップページ | 林家染丸(三代目)「源兵衛玉」 »

2005/07/17

桂文鹿「淀川」

【世紀末亭】7月17日定期アップ

予定日前の早産のように梅雨が明けてしまって、毎日暑ッジジジジィ〜、やっぱり蝉は梅雨明けのその前日から、既に知っていたとみえて団体で鳴き始めてました。毎度のことながら、自然界の法則って計り知れないなぁと畏敬の念を抱かせます。

こう暑いと、ついつい冷たい食事をとりたくなるものですが、逆に熱いものを食べて体の芯から冷やす。なんて方法があるのを知りました。経験則ですので、一般的ではないかもしれませんが、ご紹介しておきます。もの自体は熱くてもおいしいので、試しても損はないでしょう。

【仮隠居流ゴーヤ・チャンプル】
材料:ゴーヤ、豚肉スライス、厚揚げ、ネギ、ニンニク、鶏卵
1)ゴーヤは中綿と種を取り去り好みの厚さにスライス
2)豚肉、厚揚げを適当にカット
3)ニンニクひとかけ、ネギ少々をみじん切り、残りのネギは斜め切り
4)ニンニクとネギを油で炒めて香りを出し豚肉をよく炒める
5)ゴーヤ、厚揚げ、ネギを加え炒める
6)醤油、塩、こしょう、味醂、昆布ダシで調味、ごま油を振る
7)厚揚げに火が通ったら、好みで卵を割り入れ炒りからめる

厚揚げの香りと食感が仮隠居流。ゴーヤの苦味で豚肉と豆腐の旨味が幾重にも増幅されて「料理は科学」の見本のような料理です。夏場は塩味を効かせる方が旨いでしょう、熱々を熱々のご飯で食べても、食後に清涼感を感じる気がします。こちらも何か科学的根拠がありそう。

●桂文鹿「淀川」
大阪で最初に客の目の前で生きた魚をさばいて販売した店「淀川」今日しも店の前には鯉さばきを見物しようと、大勢の人だかりができている。と、そこへ通りがかったのが一人のお坊さん「殺生をするでない」鯉を買い取って新町橋の上から西横堀へと逃がしてやる。次の日も店の前には鰻さばきを見物しようと大勢の人だかり。と、そこへまた坊さん「殺生をするでない」買い取って西横堀へ。数日後、またまた魚屋の前を通ると、今度はまな板の上に赤ん坊が……
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug372.htm

●桂春団治「皿屋敷」
伊勢参りの帰り道、京都から乗った三十石船の中で「皿屋敷」の噂を尋ねられ返答できなかった姫路の若い衆、もう恥はかきたくないので裏の物知り六兵衛の親っさんに聞きに行くことに。すると「皿屋敷」とは、地元でいうところの「車屋敷」のことで、そのいわく因縁と井戸の中からいまだに出る幽霊、お菊さんの話を聞かせてくれた。話には聞くが実物を見たことがない、いっぺん幽霊見物に行こうと仲間を募って出かけてみれば……
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug373.htm

●桂枝雀「皿屋敷」
“枝雀流アレンジとはこうだ”の見本のような噺。正統派、春団治師匠の「皿屋敷」と比較して読むとその違いが歴然。
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug123.htm

|

« 笑福亭鶴志「手切れ丁稚」 | トップページ | 林家染丸(三代目)「源兵衛玉」 »

コメント

見てました
本家・実家の方です。
これまでつっこみたくてもつっこめなかったのが難点でした。
たとえばゴーヤチャンプルーのレシピとか
これで解決いたしました。
【くらきっとん流ゴーヤ・チャンプルー】
材料:ゴーヤ、コンビーフ、厚揚げ、白ネギ、キャベツ、モヤシ、玉ねぎ、人参、さつま揚げ、鶏卵
材料が多いようですがチャンプルーですのでね(^^)
それに全て少量ずつですし、毎日やればよろしい。
1)ゴーヤは中綿と種を取り去り好みの厚さにスライス
 しゃっきりさせるため少しだけ水にさらす。ただしビタミンが溶け出すともったいないのでさらしすぎないこと
2)コンビーフをほぐし、厚揚げ、さつま揚げ、キャベツを適当にカット
3)白ネギは斜め切り、玉ねぎは乱切り、人参は扇に切る
4)玉ねぎを油(できればラード)で炒めてそこにコンビーフを入れて更に炒め、そこに卵以外全てをわっと入れて炒める。火は常にフルパワー
  基本的に全て生で食べられるので炒めすぎて食感を失わないように注意
5)調味料は本場赤マルソウのゴーヤチャンプルーの素(大阪のスーパーでもちょくちょく見かけます。)が良いですが、味の素等他社のんでもOKです。市販のチンジャオロースーの素を使ってもおいしいですよ。
6)卵を割り入れささっと炒りからめる

投稿: くらきっとん | 2005/08/29 12:32

くらきっとん、コメント一番乗りおめでとう。

記念に次のものをお贈りします……
「おめでとう」「ありがとう」「ドンドンコメントしてね」
「くらきっとん流ゴーヤチャンプルーもおいしそう」
「けど下ごしらえが、大変そう」

以上記念の言葉でした。
知ってて知らん振りとは、このいけずぅ~ッ

投稿: 仮隠居 | 2005/08/29 12:43

厚揚げ
実はこれ入ってることがあるんです。沖縄のホテルのバイキングなんかのゴーヤチャンプルーには。
基本は豆腐ですが、ゴーヤは油と豆腐にとても相性がよいようで、ある種工夫をするとすれば必然の結果と言えるかもしれませんね。
ということでわたしのにもそのホテルに習って入ってます厚揚げ。
それからわたしは入れてみたことはありませんが5mm角ぐらいにサイコロに切ったジャガイモ(煮崩れしないやつですね)が一緒に炒まってたりします。これもおいしいですよ。

投稿: くらきっとん | 2005/08/29 18:05

ゴーヤが油と豆腐とに相性が良いなんていう理論的物性は知らずとも、厚揚げ好きですねんわたし。たとえば、マーボ豆腐はマーボ厚揚げ、酢豚ならぬ玉ねぎと厚揚げの甘酢あん、カレーに厚揚げ、厚揚げと大根の炊いたん、厚揚げの照り焼き、厚揚げの鉄板焼きに生姜醤油……

ジャガイモはおっしゃるように火を通し過ぎると頼りないですから、ほとんど生ぐらいがよろしんでしょうね。酢豚に入れるとコリッとした独特の歯ざわりが楽しめます。

投稿: 仮隠居 | 2005/08/29 22:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 桂文鹿「淀川」:

« 笑福亭鶴志「手切れ丁稚」 | トップページ | 林家染丸(三代目)「源兵衛玉」 »