« 古今亭志ん朝「船徳(江戸版)」 | トップページ | 笑福亭鶴志「手切れ丁稚」 »

2005/06/19

橘ノ円都「雷の弁当」

【世紀末亭】6月19日定期アップ

朝食は、ほぼ食パンに決まっています。生地がざっくりとやや堅めの食感が好みなので、専門店のものやメーカーの柔らか上等ものより、近隣スーパーのプライベート・ブランド品と言えば聞こえが良い、百円ちょっとの安食パンを探し当て常用しています。

食パンの厚さの好みが関西と関東で違うのをご存知でしょうか? 関西では厚切り、関東は薄切りが人気のようで、5枚切りを売っているのは関西、8枚切りは関東と、この2種類に関しては地域限定と言っても良い程に東西を分けます。もちろんわたしも5枚切り派。ただし、厚切りが好みというのではなく、時と場合によって応用が効くのが5枚切りの厚さだからなのです。

バター・トーストでいただくときにはそのままで、ふっくらもっちりとした食感を楽しみ。マヨチーズ・トーストやピザ・トーストにするときには、5枚切りを2枚に下ろし10枚切り相当にしてカリッとした食感を楽しみます。ちなみに、サンドイッチにもこの厚さがピッタリときます。

「5枚切りを2枚に下ろす」言ってしまうと簡単なようですけど、これが非常に技量を要する作業なのです。庖丁が良く研ぎ澄まされていることは絶対条件で、トマトの皮が力を入れずスッと切れる程でなければなりません。食パン2枚下ろし技法を使うようになってからというもの、副次的に庖丁の手入れが行き届くようになりました。

その良く切れる庖丁を食パンの角に入れ、水平を厳密に保ったまま対角線方向に切り進み、同じく水平を厳密に保ったまま、グルリと次の対角線へ庖丁を回し滑らし、同じ動作を4回繰り返すと見事2枚に。この技を習得するまでに幾何十枚の食パンをボロボロにしてしまったことか……、今でも時々ミスってますけど、そんな日は心身の感覚が鈍っているのだと、身の回りに気を付けるようにしています。「食パン2枚下ろし占い」は良く当たる。

●橘ノ円都「雷の弁当」
裏の広っぱに雷が落ちたようなので見に行くと、松の木が黒く焦げ、皮がさかむけている。根元に近付くと弁当が置き忘れてあり、どうも雷が落としていったものらしい。どんなものを食っているのかと中身を調べると……。枕にちょっときわどい古川柳を紹介したプチ艶笑ばなし。
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug370.htm

●桂米朝「狸の化寺」
村を流れるきつね川の堤が切れたので、土木作業の専門家である畦鍬組(くろくわぐみ)に修復を依頼することになった。火の玉の領五郎を頭(かしら)に総勢三十名の人夫を引き連れてやって来た連中さんの宿として、今は荒れ放題になっている無住の寺へ案内するのだが、その寺には化け物が住み着いているという。領五郎、その正体を見破ろうと寝ずの番で見張っていると……
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug121.htm

|

« 古今亭志ん朝「船徳(江戸版)」 | トップページ | 笑福亭鶴志「手切れ丁稚」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 橘ノ円都「雷の弁当」:

« 古今亭志ん朝「船徳(江戸版)」 | トップページ | 笑福亭鶴志「手切れ丁稚」 »