« 桂団朝「宗論」 | トップページ | 古今亭志ん朝「船徳(江戸版)」 »

2005/05/22

橘ノ円都「西の旅(明石・舞子・須磨)」

【世紀末亭】5月22日定期アップ

テレビドラマのことは良く分からないのです。クドカンとかいう演出家のことも良く存じ上げないのです。長瀬君は知ってます。西田さんも知ってます。鶴瓶さん、昇太さんはもちろん知ってます。そのほか大勢さんは良く分かりません。というぐらいに関心無かったテレビドラマに、最近ちょっと引き付けられて、いまも横目で睨みながら書いてます。

正月の特番から始まり、レギュラー化してしまった「タイガー&ドラゴン」。落語をモチーフにというか、骨組みをパクって細工を施したこのドラマが、今まで落語に興味のなかった人々を引き付けはじめているようです。番組で取り上げられる噺へのアクセスが急増中なのはその証拠、これが一時的なものか恒久的に続くのか、しばらく見守りたいと思います。

●橘ノ円都「西の旅(明石・舞子・須磨)」
喜六、清八という馬合いが「金毘羅はんへ参詣でもしょやないか」と「でも」付きの神信心。無事参詣を済まして帰りはひとつ播州めぐりをやろうと、室津の港に上がり東へ東へ。明石から舞子、須磨の名所旧跡を言葉巧みに案内して回るという、ゆわばテレビの旅行番組の元祖のような噺。
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug365.htm

●桂米朝「肝つぶし」
「この病を治すには、年月の揃った娘の生き肝を煎じる以外ない」と、医者の手ではどうにもしがたい難病にかかり死ぬのを待つばかりの吉松を見舞って、妹がその「年月が揃った娘」であることに気付いた。吉松の親には死んでも返しきれない恩がある。吉松のために妹を殺し生き肝を……
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug118.htm

|

« 桂団朝「宗論」 | トップページ | 古今亭志ん朝「船徳(江戸版)」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 橘ノ円都「西の旅(明石・舞子・須磨)」:

« 桂団朝「宗論」 | トップページ | 古今亭志ん朝「船徳(江戸版)」 »