« 橘ノ円都「浄瑠璃息子」 | トップページ | 桂団朝「宗論」 »

2005/04/17

桂梅団治「ねずみ」

【世紀末亭】4月17日定期アップ

日頃、スナックやその親類縁者のようなジャンクフードを口にしているわたしでも、これぞ季節という頃合いにはその季節を代表する銘菓を食べたくなります。ということで只今現在やっぱり「桜餅」でしょう。さっそく、1パック百八十円ではなく、1個百八十円の桜餅を買って来て、熱ぅ〜い渋ぅ〜いお茶でいただきました。ダテに金は取らん、香りが百八十円です。

この桜餅、大阪に住んでいるわたしの桜餅は「道明寺粉」を蒸した餅で漉し餡を包み塩漬けの桜葉で巻いた、あの桜餅のことです。しかし、関東へ行くとこれがまるっきり違った焼き菓子なのには驚きます。今でこそ、関東の人と話をしても「道明寺」という別名で通じるようですが、学生時代は話が噛み合わず商品説明をするのに小一時間かかって、全く通じませんでした。

ところが先日、大阪原住民の中にも桜餅のことを「道明寺」とわざわざ丁寧におっしゃる方が現われ、思わず「桜餅」のことですか? と確認することになってしまったのですけど、今や江戸の別家が上方の本家に影響を及ぼしている……、そんな大層な問題やないか。

話は変わって、あの桜餅の桜の葉っぱ、皆さんそのままカジリ食ってしまわれますでしょうか? わたし、葉っぱごとかじってしまうとその香りのきつさと舌ざわりで、桜餅本来のはんなりした趣がフッ飛んでしまうようでなりませんので、綺麗にはがしていただいてます。葉っぱの代金がもったいないな、という未練を残しつつ。

●桂梅団治「ねずみ」
西国街道は岡山の棒鼻(宿場外れ)に差しかかった飛騨の彫り物師・左甚五郎、客引きの少年から「自分の宿屋に泊まって欲しい」と声をかけられる。面白い子どもの話に宿を取り、年端もいかぬ子が客引きをしている理由を主人に尋ねると、凋落のそのわけを聞かせてくれた。一計を巡らせた甚五郎、木の端でネズミを彫り、明くる朝玄関先に置くと旅立って行ったそのあと……
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug363.htm

●桂米朝「江戸荒物」
安堂寺橋で仕入れた荒物をポンポンポ〜ンと「江戸っ子弁」で売れば、粋な江戸荒物として売れるのではないかと考えた男、ご隠居に江戸っ子弁の手ほどきを受ける。が、そこは思い付きだけのにわか仕込み「イラッシャ〜イ、何でもあります」「ザルでもって天秤棒でもって、一貫二貫三貫、二四とシカン八百になりやす」「アマ、シバチにシがねぇから、シをモッチキナ」「どぉもありがとぉございました。お気に入ったらまたいらっしゃい、ありがとぉございます」だけ教わって帰って行った……
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug116.htm

|

« 橘ノ円都「浄瑠璃息子」 | トップページ | 桂団朝「宗論」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 桂梅団治「ねずみ」:

« 橘ノ円都「浄瑠璃息子」 | トップページ | 桂団朝「宗論」 »