« 桂つく枝「十徳」 | トップページ | 橘ノ円都「鰻谷」 »

2005/02/20

桂春之輔「もう半分」

【世紀末亭】2月20日定期アップ

上方落語協会会長、桂三枝師のご尽力で落語の定席(じょうせき=毎日落語を演じている小屋)「天満天神繁昌亭」の実現がほぼ決定しました。場所はその名の通り天満の天神さん北側、席数は200前後、来春の営業開始を目標に現在、一般公募の建築資金集めが始まっています。

コースは十万円、五万円、一万円、運命の分かれ道……、ちゅなことはないですけど、小屋内外に2000個の提灯を吊るし、その提灯に十万円、五万円コースは1個に1名、一万円コースは1個に10名の芳名を記入し、記念と装飾を兼ねることになっています。

落語に興味のない人にとっては「何じゃいそんなもん。けッ!」でしょうが、金が余って使い道が分からない人、おひとついかがでしょう? 寄金に乗らなかったからといって、小屋への出入りができないわけではありませんから、もし出来上がった暁にはいっぺん「生の落語て、どんなもん?」足をお運びください。ちゅうて、足だけ運んだらあきませんよ、体もろとも……、ドンドンドン、ベタベタッ、ドドンガドンッ♪

●桂春之輔「もう半分」
四ツ橋の近く、夫婦で営む居酒屋に毎夜遅く訪れては「もう半分、もう半分」と、酒を呑んで帰るみすぼらしい老人が居た。ある夜、今夜はもう来ないのかと案じていると、しまい間際になって訪れ「もう半分、もう半分」いつものように呑んで帰ったそのあとを見ると、縞柄の風呂敷に包んだ五十両の金が置き忘れてある。悪心を起こしたふたり、この金を猫ババしてしまうのだが……
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug359.htm

●桂米朝「看板の一」
若い連中が寄って「チョボイチ」サイコロ博打をしていたが、金の無い者ばかりで一向に面白くない。そこで、むかしちょっと博打で鳴らしたという隠居を引き込んで、巻き上げようと企む。しかし、このオヤジひと筋縄ではいかない。壺皿からサイコロをこぼしたと見せかけ、実はこれは看板で、壺の中には本当のサイコロがある。まんまと騙されて看板の一(ぴん)に張った若いもん、みな負けて悔しがる。親っさんから嫌みな意見を聞き「もう博打なんかやめる」と、なるわけがない。この手をどこかで使ってみたい……
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug111.htm

|

« 桂つく枝「十徳」 | トップページ | 橘ノ円都「鰻谷」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 桂春之輔「もう半分」:

« 桂つく枝「十徳」 | トップページ | 橘ノ円都「鰻谷」 »