« 橘ノ円都「加賀の千代」 | トップページ | 橘ノ円都「太田道灌」 »

2004/12/19

橘ノ円都「鬼門風呂」

【世紀末亭】12月19日定期アップ

のっけは「天満の牢」の最新版。
天満の牢=江戸時代の観相学の大家・水野南北(1760〜1834)が二十歳の頃、刃傷沙汰を繰り返し「天満の牢屋」に入れられたという。また、神坂次郎氏の小説「だまってすわれば−観相師・水野南北一代」の一節に「結局、熊太は松屋町筋、与左衛門町の牢屋敷へ投獄される」の記述がみられる。与左衛門町は現在の中央区糸屋町、マイドームおおさか(西町奉行所のあったところ)の北東斜め向かいなので「天満の牢」は「松屋町牢屋敷」の別称のようである。維新前後の大阪の牢・監獄の変遷は1882(明治15)年12月に「堀川監獄分署(現在扇町公園)」ができるまで、大坂の牢屋敷は「松屋町牢屋敷」のみであった。その後1885(明治18)年に「松屋町監獄分署」は「堀川監獄分署」に吸収合併され1890(明治23)年「堀川監獄署(大阪監獄署)」と名称が変わり、付近の市街地化にともない1920(大正9)年、堺へ移転。

先日、福引「ガラガラ」を回しました。期間中お買い上げ3000円に付き1回の抽選ということで、2回ガラガラッ。もちろん出玉は2つとも白で残念賞の発砲入浴剤もらって帰ったわけです。しかし、あのガラガラの中に本当に当たりの「赤玉」は入っているのでしょうか?

過去、幾度となくガラガラと回して、ついぞ当たりなんて出たことない身として、当たり玉は入ってない。入っていても出る穴よりも大きいに違いない。ついつい、思ってしまいます。いっぺんでいいから「大当たり」を当ててみたい。

●橘ノ円都「鬼門風呂」
家主(いえぬし)のところへ、店子(たなこ)の音さんが家賃を払いにやって来た。世間ばなしに嫁さんのお咲さんとの馴れ初めを聞くうち、昨年までの極道生活から抜け出すきっかけとなった、姓名学の先生との出会いの話へと進んでいく。話は姓名学から易学へ、そして鬼門の風呂へと……
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug355.htm

●桂米朝「風の神送り」
ちまたに悪い風邪が流行って、長屋の仲間にも仕事に出られなくなる者が出はじめた。有志を募り、伝承「風の神送り」を執り行おうと町内の長老に知恵を借り、寄付金集めに回りはじめると……
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug106.htm

上方落語メモ【世紀末亭】4月1日移転しました。
URL:http://homepage3.nifty.com/rakugo/

|

« 橘ノ円都「加賀の千代」 | トップページ | 橘ノ円都「太田道灌」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 橘ノ円都「鬼門風呂」:

« 橘ノ円都「加賀の千代」 | トップページ | 橘ノ円都「太田道灌」 »