« 露の五郎「三人旅浮之尼買」 | トップページ | 桂雀々「せんきの虫」 »

2004/11/07

橘ノ円都「嬶(かか)違い」

【世紀末亭】11月7日定期アップ

わたしの場合、季節に関係なく年がら年中鍋ってますけど、世間一般では鍋物が似合う季節になってきました。男の食彩はダイナミック&デリシャス、それでいてシンプル&リーズナブルをモットーとしますんで、わたしの鍋は白菜&豚肉ザク切りぶち込み中華風ときどき和風が定番になってます。

ところがこの定番鍋が今ピンチに陥ってます。秋口までそこそこ安く手に入っていた白菜なのに、台風の二つ三つも来たあと急激に値を上げて、先日は何と4分の1カット398円、ということは1個まるのまま1600円近くする勘定です。同時に買った豚肉200gが298円、値段が逆転してる。

同じくレタスも、キャベツも、小松菜も、葉もの野菜はことごとく馬鹿らしいほどの値札が付いてます。これはもう、あの夏の豊作で廃棄処分した野菜たちの祟りに違いありません。安く出荷するよりも補助金をもらって捨ててしまった方が経済損益計算上得じゃわい、というお百姓さんの気持ちも分かりますけど、規制緩和のご時世にその考え方早く改めんとえらいことになりますよ。

ま、高いとはいえ店頭から品物が消え去ったわけではなく、ちゃんと並んでいるところを見ると、被害に遭わないでいつも通り出荷できた農家もあるわけで、そちらの方はこの高値に顔中喜びの笑みを浮かべて札束勘定してらっしゃることでしょう。そう、経済活動とはそういうもので、片一方が損をすると、片一方は得をする、均せばプラマイゼロ。

聞けば葉もの野菜の海外輸入が急増してるそうですんで、本格的な鍋の季節にはちょっとは安くなってることを願う今日この頃。

●橘ノ円都「嬶(かか)違い」
甚兵衛さんの紹介で嫁さんをもらうことになったアホ、身奇麗にしようと床屋と風呂屋へ行っているあいだに代理の仲人が嫁さんを連れて来てしまった。代理のことゆえ、その日同じ長屋に同じように嫁さんをもらう家があるとはつゆ知らず、間違って隣りの清八さんに引き合わせてしまう。同じような間違いは続くものとみえ、清八さんの方も慣れない代理人がアホに嫁さんを引き合わせ、見かけ上何事もなかったように激しくも静かな一夜が明けた次の朝……
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug352.htm

●桂米朝「地獄八景亡者戯」
東の旅は「伊勢参宮神の賑わい」西の旅は「兵庫渡海鱶の魅入れ」南へ向かうと「紀州飛脚」で、北の旅が「池田の猪買い」宇宙旅行は「月宮殿星の都」海を潜ると「竜宮界龍の都」そして、あの世を旅してしまうのが「地獄八景亡者戯(じごくばっけいもうじゃのたわむれ)」ただひたすらに言葉遊びをお楽しみください。
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug101.htm

上方落語メモ【世紀末亭】4月1日移転しました。
URL:http://homepage3.nifty.com/rakugo/

|

« 露の五郎「三人旅浮之尼買」 | トップページ | 桂雀々「せんきの虫」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 橘ノ円都「嬶(かか)違い」:

« 露の五郎「三人旅浮之尼買」 | トップページ | 桂雀々「せんきの虫」 »