« 2004年5月 | トップページ | 2004年7月 »

2004/06/20

桂つく枝「四人ぐせ」

【世紀末亭】6月20日定期アップ

ムシムシと雨が降ってきました、台風が接近しているようです。20日早朝に沖縄が暴風圏に巻き込まれるとニュースが伝えてます。近畿へは21日(月曜)あたり近付くとの予報ですけど、落語家台風検知によるとハズレそうな予感がしますね。

といいますのも、米朝一門に桂米二さんという京都の噺家さんが居られまして、この方が会を開くと決まって台風が来襲するという霊力を持った方なのです。でも、さいわい21日前後には近畿で米二さんの会は開かれません。もし何かあるとすれば、25日「よみうり市民寄席」の出演ぐらいですので、大した影響はないでしょう。

同じ米朝一門には、この方は故人となっていますが、桂歌之助さんという方が居られまして、この方も自分の会を開くと必ず世間では大事件が起こったことで有名でした。大阪天六のガス爆発、ミナミの千日デパートビル火災、浅間山荘事件などなど。

「台風を呼ぶ落語家」「不幸を呼ぶ落語家」マイナスを面白おかしく脚色してプラスへ持っていける、そんな才能が人気と客を呼ぶんでしょう。

●桂つく枝「四人ぐせ」
ゴシゴシ目をこする、スリスリ鼻の下をこする、シュッと両袖を引っ張る、「こらえぇ」ポ〜ンと手を打つ、四つの特徴的な癖を持った四人の男が集まって、それぞれの癖が出れば千円の罰金を科して癖を矯正しようという相談がまとまった。よくある話の展開だが……
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug342.htm

●桂米朝「除夜の雪」
一年の締め括り大晦日の夜、宵のうちまでに降り積もった雪が街中の小さな寺の境内を覆い、除夜の鐘をつく準備をする頃にはすっかり晴れて星がまたたいている。借りた提灯を年内に返し、気の片付けを済まそうと檀家の伏見屋の若御寮人(ごりょん)さんが訪ねて帰った。誰も居ないはずの本堂で鉦が鳴るのを聴いた珍念が本堂へ続く境内を見るのだが、足跡らしきものはない。それどころか、いま訪ねた伏見屋の御寮人さんの足跡さえ見当たらない……
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakugo93.htm

上方落語メモ【世紀末亭】4月1日移転しました。
URL:http://homepage3.nifty.com/rakugo/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/06/06

笑福亭松鶴「地上げ」

【世紀末亭】6月6日定期アップ

今年の2月、ご近所の大型スーパーが閉店してしまいました。この消費不況のご時世ですからリストラ、不採算店を整理統合していくのは当然のことながら、今まで利用していた店がなくなるとなると不便を感じます。町のウワサでは、跡地は高層マンションに生まれ変わるとのことでしたが、ネットを探すうち我が町超ローカル情報が飛び込んできます。

閉店セール終了後ひと月も経たないうちに「跡地は年末か来年はじめに同じスーパー系列のオールナイト・ディスカウント店に建て替わる」との情報です。ほどなく、情報どおり取り壊し作業が始まり、情報どおり先月末で更地に整地され、いよいよ建設工事が始まろうとしています。

その間にもいろいろ、こと細かな情報が流れていまして「元パートのもとに新しくできる店への優先雇用案内が届いた」「周辺住民へ24時間営業に関する説明会を開催する案内が届いた」「総売り場面積は○○平方メートルになるそうだ」

ネット恐るべし、町内のことまでも手にとるように分かってしまう。情報を手に入れるという方向から見ればまことに有用なのですが、もしこれがこちらの情報が出ていくという方向になったとき、便利と喜んでばかりいられないのだなぁ、とネットと我が町内についてちょっと考えて、ネットと社会、ネットと世界に想いをめぐらすのでした。

●笑福亭松鶴「地上げ」
仕事もせずブラブラ遊び暮らしている男が友人宅を訪ねると「処世学入門」という本を取り出してきて処世の方法を教えはじめた。曰く「釜なくして、飯の炊ける法」「飯を食わずして、腹を満たす法」「真の闇夜をば、明かりを用いずして明るくする法」「二階または三階から、階段、エレベーター等をば用いずして、階下へ降りる法」「見ず知らずのあかの他人に、遠慮気兼ねなしに金を借る法」極め付けは「自分の欲しいだけの土地をば、我が土地にする法。ただし、無料で」
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug341.htm

●桂米朝「犬の目」
目の調子が良くないと知人に相談すると「目は大切なものであるから、早く専門医に診てもらえ」知り合いの眼科医を紹介される。さっそく診てもらうと「目を洗浄しましょう」その場で目をくり抜いて薬液で洗い、再び入れようとするのだが、ふやけてしまったのか元通りに納まらない。そこでしばらく陰干しをすることになり裏庭に干しておくと、隣りの犬が目玉を……
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakugo92.htm

上方落語メモ【世紀末亭】4月1日移転しました。
URL:http://homepage3.nifty.com/rakugo/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年5月 | トップページ | 2004年7月 »