« 桂(こえぴょん)小枝「色事根問」 | トップページ | 笑福亭松鶴「質屋芝居」 »

2004/04/18

笑福亭喬若「勘定板」

【世紀末亭】4月18日定期アップ

 とりあえず「祝解放! 3人質+2人質」と言っておきましょう。

 あのニュースが飛び込んできたとき「何かこれは落語的な話だぞ」っと鼻がぴくぴく動きましたんです。それであちこち検索かけて点を線で結び付けているうちに、ますます「落語だな」っと。

 物語はまだ進行中なので迂闊なこと言えませんが、新聞、テレビ、ラジオ、週刊誌etc.解放前と解放後の微妙な記事内容、賛否比率の変化を感じていただければ、言わんとすることお気付きやろと思います。お三方、18日の夜には日本に帰って来るそうで、毎日少しずつ隠されている部分が明るみに出てくることでしょう。

 こんな連続ものを得意としたのが「牡丹燈篭」で有名な江戸の三遊亭円朝師匠で、数十日をかけてひとつの噺を語り続けたと言います。毎日寄席に通った客も大変だったことでしょう。今じゃ通わなくても、向こうから飛び込んできます。どんな展開になるかワクワク。

●笑福亭喬若「勘定板」
越前の漁村から大阪見物に来た親子連れ、宿で「閑所板」を所望するのだが、気転が利きすぎ先走った定吉「勘定板」と解釈して持っていったのが「裏板付きの算盤」だった。こんな小さなもの役に立つのか、と思案しつつ使用すると……
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug338.htm

●桂米朝「天狗裁き」
亭主が転寝(うたたね)で何やら夢を見ている様子。起こして聞きだそうとするが「夢なんか見た覚えはない」の一点張り、ついに夫婦喧嘩が始まる。と、そこへ隣りの徳さんが仲裁に、なかをとりもって「ホンマはどんな夢見ててん?」「夢なんか見た覚えはない」でまた喧嘩が始まってしまう。と、そこへ長屋の家主が現われ、と奉行の裁きが始まり、と天狗が出て来て……、と……
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakugo89.htm

上方落語メモ【世紀末亭】4月1日移転しました。
URL:http://homepage3.nifty.com/rakugo/

|

« 桂(こえぴょん)小枝「色事根問」 | トップページ | 笑福亭松鶴「質屋芝居」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 笑福亭喬若「勘定板」:

« 桂(こえぴょん)小枝「色事根問」 | トップページ | 笑福亭松鶴「質屋芝居」 »