« 桂文太「八五郎出世」 | トップページ | 笑福亭恭瓶「町内の若衆」 »

2004/01/04

桂雀松「片棒」

【世紀末亭】1月4日定期アップ

明けましておめでとうございます。

今年の正月休み、年末が若干多かった分明けてからはあっという間のもう4日になって、あした初出という方がほとんどでしょう。穏やかな年明けに外も暖かだったのが印象的なお正月でした。

わたしは3日に初詣、墓参りを兼ねて一心寺まで落語を聴きに行って来ましたが、ちょっと歩くと体が温まって、そのうえ落語を聴いて心も温まって会場の熱気でじっとり汗ばむほどでした。このまま「いろいろ暖かい一年」になるよう願っています。

●桂雀松「片棒」
大阪のさる大家の親旦那、自分の亡きあとを案じ息子を集め誰に跡目を継がせるか運営基本方針をただすことにしました。そのまず最初は葬式をどのように出すか? 長男は「名家の名を汚すことがない立派な派手な葬式を総力を結集して」次男は「陰気なものは排除して陽気に華麗に雅に華やかに」三男だけが「無駄を排し質素を旨とし全てにケチって」と、さてどんな迷案が飛びだすのやら……
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug331.htm

●桂九雀「長名(寿限無)」
説明する必要もないほど有名な噺、生まれた息子によい名を付けたいとの親心が招くスラプスティックどたばた騒動記。東京・大阪、演者によってさまざまな展開があります。九雀さんの新解釈で「寿限無寿限無五劫の擦り切れん、海砂利水魚、水行末雲行末風来末、食う寝る処に住む処、薮裏柑子薮柑子、パイポパイポ・パイポのシュ〜リンガン・シュ〜リンガンのグ〜リンダイ・ポンポコピ〜のポンポコナ〜の長久命の長助」をどうぞ。
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakugo76.htm

上方落語メモ【世紀末亭】
URL:http://homepage3.nifty.com/rakugo/

|

« 桂文太「八五郎出世」 | トップページ | 笑福亭恭瓶「町内の若衆」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 桂雀松「片棒」:

« 桂文太「八五郎出世」 | トップページ | 笑福亭恭瓶「町内の若衆」 »