« 笑福亭生喬「喧嘩長屋」 | トップページ | 笑福亭松鶴「ざこ八」 »

2003/10/05

桂文太「坊主の遊び」

【世紀末亭】10月5日定期アップ

さぁ、今年も残すところあと三月(みつき)。生産的活動など何もしていないのに時間の経つのは同じかそれ以上の速さでふっ飛んで行きます。ウカウカ生きてられんなぁと思うのですが、いまのところウカウカする以外することが無いのでウカウカしてます。

そして、ウカウカしてる間にミナミの大阪球場跡に「水・光・緑あふれる自然と多くの人が集い賑わう都市を重ね合わせるという、全く新しい」なんばパークスが10月7日グランドオープンするようですね。どんだけ「全く新しい」のか、一度探検に行かなければいけませんが、木の数より人の数が多そうなので、もの珍しさの興奮が冷めた頃にウカウカ出かけてみることにします。
参照:http://www.nambaparks.com/

大阪球場というと、電気技師をしていた義理の叔父の招待でスコアボードから野球観戦させてもらったことがあります。野球選手の野球ではなく芸能人野球の東西対抗戦だったはずですが、なにぶん大昔のことですからほぼ記憶から消え去っています。場内乱闘が起こって堺俊二さんのユニフォームがずたずたに裂かれる、なんて場面を何故か覚えてたり……、あの球場がウカウカしてる間に「全く新しい、なんばパークス」になるんですね。ウカウカにもホドがあるっちゅうねん。

●桂文太「坊主の遊び」
さるご隠居さん、髪が寂しくなってきたのでご出家のようにすっくり剃りあげているが、見た目とは裏腹に新町への茶屋通いを欠かさない好きもの。道でバッタリ出会った床屋の磯七を連れに、今日しも新町へ繰り出すことになった。相方も決まり部屋に通され、さて一番なのだが「ちょっとお手水へ」と出たきり戻ってこない。随分のあと酔っ払って戻って来たと思うと、一人さっさとイビキをかいて寝入ってしまった。このままでは収まらないご隠居は……
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug325.htm

●桂吉朝「河豚鍋」
知り合いからもらった初ものの河豚、食べたいのだがひょっと当たるかもしれないと手が出せないでいると、都合よく旅行から帰った友人が手土産を下げてやってきた。この男に毒見をさせて大丈夫なら食べようと計略するが、この男も恐くて手が出ない。と、そこへお薦(こも)さんが物乞いにやって来た……
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakugo69.htm

上方落語メモ【世紀末亭】
URL:http://homepage3.nifty.com/rakugo/

|

« 笑福亭生喬「喧嘩長屋」 | トップページ | 笑福亭松鶴「ざこ八」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 桂文太「坊主の遊び」:

« 笑福亭生喬「喧嘩長屋」 | トップページ | 笑福亭松鶴「ざこ八」 »