« 2003年7月 | トップページ | 2003年9月 »

2003/08/17

桂枝雀「産湯狐」

【世紀末亭】8月17日定期アップ

寒い日が続きますが皆さんお風邪などひかれてませんか。なんていう冬の挨拶が似合う今日この頃、お盆休みも燃えきらないうちに終わってしまうみたいです。

涼しい日本列島とは裏腹にヨーロッパは猛暑が続いてフランスでは暑さのために死者が倍増、お墓が足らんという落語のような事態になっているそうで、地球規模でプラスマイナス、ゼロやなぁと納得してます。

寒かった冬を暖冬と予報し、夏を猛暑と予想した気象庁の予報では週明けからは夏が戻って残暑は厳しいらしいですから、今年の夏はもう終わったようなもの、夏バテ知らずで過ごせそうです。って、わたし夏バテ経験のない体質ですけど。

とりあえず本日、盛夏を感じるために「お盆吉例米朝一門会」に参加してまいります。

●桂枝雀「産湯狐」
七年前、極道の限りを尽くして飛び出した息子吉松の影膳を産湯稲荷に届ける隣りのお米(よね)婆さんが産湯の森で倒れてしまう。知らせを聞いた隣りの竹、お咲夫婦の世話で医者に診せたところ風邪をこじらせただけで十日もすれば良くなるだろうとのこと。ひと安心したその夜中、お米婆さんの所へ誰か訪ねて来ている様子。壁に穴を開け覗いてみると……
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug322.htm

●桂米朝「禍は下」
「網打ちの舟遊び」の口実で、親旦那のお妾さん通いのお供をした丁稚の定吉は、夜も更けて一人店に帰ることになる。アリバイに「網で獲れた魚」の土産を買い、店に戻ると御寮人(ごりょん)さんが待ち受けていた。目刺し、ジャコ、カマボコの土産に危うくバレそうになるが「野犬に食われて代わりを買った」と何とか言い逃れる。しかし……
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakugo66.htm

上方落語メモ【世紀末亭】
URL:http://homepage3.nifty.com/rakugo/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003/08/03

林家染丸「豊竹屋」

【世紀末亭】8月3日定期アップ

7月末だというのに夜はスッポリ布団にくるまって震えていた一昨日がウソのような今日この頃、というかきのう今日。この分やと明日も暑い夜になりまっしゃろ。これだけはっきり「8月イコール夏」と言い切られると気持ちよろしい。

唐突ですが、うちでは電気の検針は月中で振り替えはその月末になってます。例年ならクーラーを本格的に使いはじめる7月半ばからバッチシ数字が跳ね上がるんですけど、今年はその数字が半減しそうだという試算が出てます。関電には悪いけど、8月の電気代儲かった。冷夏様さまやねぇ。

細かいこと言うようですが、クーラーひと夏の電気代の半分で映画なら2回は観に行けるから馬鹿にならんのです。でも、今年の夏の映画は……

●林家染丸「豊竹屋」
観るもの聞くもの何でも即座に義太夫節にしてしまう達人「豊竹屋節右衛門」のもとに、これまたどんな言葉尻を捕まえても即座に口三味線に置き換えてしまえる「花梨(かりん)胴八」が訪ねてきました。「ミカンのよぉでもミカンでない、ダイダイのよぉでもダイダイでない、これは何かと尋ねたら?」「はぁ、キンカン、キンカン、キンカンキンカン、キンカンキンカン金柑」ご存じ大喜利芸のルーツがここにあります。
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug321.htm

●桂枝雀「水屋の富」
サマージャンボ宝くじの抽選が待ち遠しい今日この頃、一等二億円と前後賞一億円の都合三億円を手にしたつもりでどうぞ。千両富の特賞千両を見事獲得した水屋さんでしたが、聞きつけた隣近所はおろか親戚縁者「イトコの妹の嫁ぎ先の姉さんの旦那のイトコのフタマタイトコ」というような者までもが、その金を当てに押し寄せて来ます。たまらんようになってお寺の住職に相談に行くと住職までもが金の無心。世の中すべてが自分の金を狙っているような気持ちになった水屋さんは……
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakugo65.htm

上方落語メモ【世紀末亭】
URL:http://homepage3.nifty.com/rakugo/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2003年7月 | トップページ | 2003年9月 »