« 桂小春団治「須磨の浦風」 | トップページ | 桂文紅「鬼あざみ」 »

2003/06/22

桂つく枝「浮世根問」

【世紀末亭】6月22日定期アップ

しかしよく続きましたねぇ、雨。これだけ続くと梅雨らしくて絵になるし、夏の水不足の心配も無くなって社会経済的には大助かりです。

でも今日は朝から晴、暑い暑い、起きた途端にひと風呂浴びてレコード聴いて、CDも聴いて、またレコード聴いてたら、やっぱりレコードのプチプチという音が気になります。

昔は当然のように気にしてなかったのに、雑音の無い音に慣れてしまうと人間堕落してしまいます。しゃ〜ないから眼鏡拭き布できれいに掃除してなるべくプチプチいわんよぉにして……、さすがCDよりも音楽の音は音楽。

●桂つく枝「浮世根問」
物知りと評判高い甚兵衛さんの所へ、例によって物知らずが訪ねてきてのあれやこれや。知っていても何の役にも立たないけれども、知らないよりは知っていたほうが……、いややっぱり知らんでもよろしいか。
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug318.htm

●笑福亭仁鶴「代脈」
大先生の代わりに往診をおおせつかった見習い医者が巻き起こす騒動。船場の大家の美しい娘さんの下腹部を力いっぱい……
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakugo61.htm

上方落語メモ【世紀末亭】
URL:http://homepage3.nifty.com/rakugo/

|

« 桂小春団治「須磨の浦風」 | トップページ | 桂文紅「鬼あざみ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 桂つく枝「浮世根問」:

« 桂小春団治「須磨の浦風」 | トップページ | 桂文紅「鬼あざみ」 »