« 笑福亭松鶴「棟梁の遊び」 | トップページ | 桂米朝「三年酒(さんねんしゅ)」 »

2003/04/20

林家染二「湯屋番」

【世紀末亭】4月20日定期アップ

ホン陽気がよぉなりました。陽気がえぇのはよろしぃんですけど、こないよぉなるとちょっと歩くだけで汗が吹き出てきます。たまらんので半袖出してしまいました。

ついに来週から皆さんお待ちかねの黄金週間が始まりますね。色々予定をお組みのことと思います、存分に楽しんでください。って、わたしには関係ない話です。なぜなら年中休みの仮隠居ですから。

それでもゴールデンウイークには大きな落語会が目白押しになりますので、米朝師匠の会を押さえてます。やっぱり黄金週間は嬉しい。

●林家染二「湯屋番」
出入りの大工の家に居候になっている若旦那は勘当の身の上「毎日ゴロゴロしてないで仕事をしたら」と風呂屋で働くことになるのです。風呂屋と言えば真っ先にやりたいのは番台に座ること、希望はかなえられて座ったのはよかったが……
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug314.htm

●桂枝雀「鴻池の犬」
商家の前に捨てられた三匹の仔犬、もって生まれた運命により波乱万丈の犬生を送ることになります。捨てる神あれば、拾う神あれば、ほったらかしの神もあるんやろなぁ……
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakugo57.htm

上方落語メモ【世紀末亭】
URL:http://homepage3.nifty.com/rakugo/

|

« 笑福亭松鶴「棟梁の遊び」 | トップページ | 桂米朝「三年酒(さんねんしゅ)」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 林家染二「湯屋番」:

« 笑福亭松鶴「棟梁の遊び」 | トップページ | 桂米朝「三年酒(さんねんしゅ)」 »