« 桂福団治「南京屋政談」 | トップページ | 笑福亭遊喬「風呂敷」 »

2003/03/02

桂梅団治「転失気」

【世紀末亭】3月2日定期アップ

夜道を歩くとご近所の庭からかぐわしい香りが漂っています。夜目にも鮮やかな紅梅・白梅に心が動くとき“あぁ日本人やっててよかった”と思う瞬間ですね。今年の冬が暖冬だと言いながら外した気象庁の長期予報では3月に入ると急に春めいて暖かく、いや暑くなるとか、ホンマかいな。すでに桜が待ち遠しい今日この頃。

●桂梅団治「転失気」
ちょっと体の調子を崩したお住持が、往診に来てもらった先生から「転失気(てんしき)はございますかな?」と問診を受けます。がしかし「転失気」の意味が分からん。知らぬとは言えないので密かに寺の小僧に探らせようと野に放ったのですが……
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug311.htm

●桂枝雀「親子酒」
少々お酒の度が過ぎるお父さんがいて、その子がまた親に似て少々お酒の度が過ぎる。度の過ぎた親と度の過ぎた息子の酔いたんぼ一騎打ち、さてその結果は……
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakugo54.htm

上方落語メモ【世紀末亭】
URL:http://homepage3.nifty.com/rakugo/

|

« 桂福団治「南京屋政談」 | トップページ | 笑福亭遊喬「風呂敷」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 桂梅団治「転失気」:

« 桂福団治「南京屋政談」 | トップページ | 笑福亭遊喬「風呂敷」 »