« 月亭八天「鬼の面」 | トップページ | 桂梅団治「転失気」 »

2003/02/16

桂福団治「南京屋政談」

【世紀末亭】2月16日定期アップ

さて今月も半分過ぎた、と思っていたら半分どころかあと2週間ありません。ケツカッチンの仕事をお持ちの方うかうかしてると御まんまの食い上げですよ。落語を読んでる暇があったら仕事しなさい。

●桂福団治「南京屋政談」
「お天道さんと米の飯は付いて回るわい」威勢のいい啖呵を切って家を飛び出た若旦那ですが、世の中そう甘くありません。橋から身を投げようとするところを叔父に助けられ、南京カボチャの振り売りで一からやり直しを図るのです。商売初日、町の人々に助けられながらも全ての南京を売り尽くし、とある母子家庭の玄関先を借りて弁当をつかわせてもらっていると……
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug310.htm

●桂枝雀「持参金」
「早起き三両、宵寝は五両」久し振りに早起きした男のもとに、忘れていた借金の督促が飛び込んできます。ところが捨てる神あれば拾う神あり、時を置かずに飛び込んできたのが持参金付き嫁さんの話。この持参金を借金返済に充てれば事がまぁ〜るく納まる段取り、のはずなんですけど……
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakugo53.htm

上方落語メモ【世紀末亭】
URL:http://homepage3.nifty.com/rakugo/

|

« 月亭八天「鬼の面」 | トップページ | 桂梅団治「転失気」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 桂福団治「南京屋政談」:

« 月亭八天「鬼の面」 | トップページ | 桂梅団治「転失気」 »