« 2002年12月 | トップページ | 2003年2月 »

2003/01/19

桂米朝「卯の日参り」

【世紀末亭】1月19日定期アップ

正月気分が抜けたのか抜けていないのか分からないうちに、早くも1月下旬に突入してしまいます。二月はあってないようなもの、三月は去る、春はもうそこまで。

●桂米朝「卯の日参り」
 さる大家の旦那さんに出入りの髪結いが、住吉さんへ卯の日参りに誘います。しかし旦那には「せむし」というハンディがあって美男の髪結いと同道するのは分が悪い。そこで名案?を思い付いたのですが……
(不道徳とも取られかねない表現を多く含みます。免疫のない方は決してアクセスしないでください。ということは、現在ラジオ・テレビでは取り上げられる事のない絶滅危惧ネタです)
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug308.htm

●桂枝雀「東の旅発端」
 上方落語の旅シリーズのうちお伊勢詣りを扱った「東の旅=伊勢参宮神の賑わい」のうち発端と煮売屋のエピソード。おなじみ喜六・清八が安堂寺橋を出発して玉造、暗峠、奈良を過ぎ、奈良山中の煮売屋で繰り広げるナンセンスコメディです。
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakugo51.htm

上方落語メモ【世紀末亭】
URL:http://homepage3.nifty.com/rakugo/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003/01/01

笑福亭松鶴「正月丁稚」

【世紀末亭】1月1日定期アップ

明けましておめでとうございます。
今年も月二回ほど寄せていただきますので、よろしゅお頼の申します。

●笑福亭松鶴「正月丁稚」
 丁稚の定吉っとん、元旦そうそう大旦那相手にゲンの悪いことばっかり言いまくってます。天然なのか計算ずくなのか……
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug307.htm

●桂枝雀「高倉狐」
 高倉稲荷近くの草むらで狐に出くわした男、先日狐に化かされたという友人の仇を討とうと湯豆腐屋に誘い出すが……
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakugo50.htm

上方落語メモ【世紀末亭】
URL:http://homepage3.nifty.com/rakugo/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2002年12月 | トップページ | 2003年2月 »